« 見せたくない番組 | トップページ | クラスター爆弾 »

2008年5月26日 (月)

後部座席のベルト着用

 先日,出先でクルマを降りた際,スモールライトをつけっぱなしにしてしまいました。もっとも,クルマに戻ったのは約1時間後で,バッテリーは上がらずに「セーフ」でしたが。

 かなり前の記事にも書きましたが,クルマの電源系統ってホント不可解です。エンジンを停めている時になんでライトの電源系統を生かす必要があるのか,まったく理解できません。ライトの電源系統もワイパーと同じように,エンジンを停めたら切れる系統にしておけばいいのにと思います。さらに理解できないのは,ライト消し忘れのアラーム。僕のクルマの場合,ライトの消灯を忘れると,エンジンを停めてキーを抜いて,さらに運転席側のドアを開けた時に初めて警報が鳴ります。多くのクルマがこうなんでしょうか。先日消し忘れた時は,たまたま運転席側に降りるスペースがなく,別のドアから降りたためにアラームが鳴らなかったんです。同じように,停車してエンジンを切ってそのまま車内で待っているような場合にも,アラームは鳴らないので,昼間だとライト消し忘れの危険性がありますね。

 それはともかく,クルマの後部座席のベルト未着用違反が,6月から取締り対象になるらしいです(高速道路および自動車専用道路での未着用に対して違反点数1点)。僕は後部座席でベルト着用なんかしたことないし,同乗者にも着用を促したことがないです。ていうか,それ以前に,後部座席のベルトはシートカバーの中に埋もれてしまって着用できない状態になっています。

 さらに,深夜に長距離ドライブするような場合には,後部座席の同乗者は座席に横になって寝ている場合もあります。座席で横になるのは安全上問題かも知れませんが,あくまで自己責任ということでいいでしょう。後部座席に限らず助手席であっても,ベルトを着用しないことが運転上の妨げにならない限りは,運転者・同乗者の自己責任で判断するべき問題であり,罰則を設けて強制するのには馴染まないと思います。ホント「余計なお世話」のルール変更だと思いますね。

 それにしても,同乗者が違反しても違反点数が科せられるのが運転手っていうのは,なんとも理不尽だと思いませんか?

 過去の関連記事:クルマの電源(2006年1月8日)

|

« 見せたくない番組 | トップページ | クラスター爆弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/41329738

この記事へのトラックバック一覧です: 後部座席のベルト着用:

« 見せたくない番組 | トップページ | クラスター爆弾 »