« 神経質かも | トップページ | 一院制議連が発足 »

2008年5月14日 (水)

サマータイム

 自民党は,夏季に時計の針を1時間進めるサマータイム(夏時間)制度を導入するための法案を,議員立法で国会に提出する方針を決めたとか。このサマータイム制は夏季の日中時間を有効活用してエネルギー消費量を抑える狙いがあり,今秋の臨時国会までに提出し,早ければ来年夏からの導入をめざしており,首相も法案化に前向きらしい。

 よせばいいのに,政治家ってホント迷惑なことを考えてくれますね。日本でも終戦直後の一時期に導入して失敗したという「過去の経験」に学ばないんでしょうか,政治家は。この制度は2005年にも方案提出の動きがあり,この時は「3月の最終日曜日に1時間早めて,10月の最終日曜日に元へ戻す」案だったらしい。3月下旬ってまだまだ寒いし,「春眠暁を覚えず」の真っ盛りの時期。1時間の早起きなんて絶対できません。

 それと,以前の記事にも書きましたが,サマータイム制導入というのは,ただ単に時計の針を進めるだけではありません。昼夜連続で稼働しているインフラなどのソフトウェアに膨大な修正が発生します。しかも国産のソフトウェア開発メーカには,サマータイム制に関するノウハウも乏しいと思われます。今から法制化して来年夏の導入なんて,とんでもない。絶対間に合わないので,実施したら大混乱になるのは必至。政治家には,そういった面での社会への影響を,もう少し勉強して欲しいものです。もしホントに実施するなら,それこそ10年ぐらいの準備期間が必要だと思いますよ。

 過去の関連記事:続・ソフトウェア問題(2006年3月11日)

|

« 神経質かも | トップページ | 一院制議連が発足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/41207311

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイム:

« 神経質かも | トップページ | 一院制議連が発足 »