« 素晴らしい命名 | トップページ | 鉄道の思い出 »

2008年4月 1日 (火)

世論調査なんて

 経営難に陥っている新銀行東京に,東京都が400億円を追加出資する議案が都議会で成立。具体的な再建策が一切示されないままの可決とは,与党はずいぶん物わかりが良すぎます。たぶん,石原都知事が隠している再建の「秘策」を裏で聞いた上での判断なんでしょうね。

 それにしても,この追加出資案が都議会の委員会で可決されるや,石原知事はそれまでの低姿勢から一変し,世論調査では追加出資に反対する意見が多いとの記者からの質問に対して「都民が議会以上のことを知っているわけがない」「世論調査なんて気にしてたら政治なんかできない」などの発言。ウソでもいいから「可決していただいて感謝している」「これからは死にものぐるいで再建に努力する」みたいなコメントを出しておけば好感度も上がると思うのに,「世論調査なんて関係ない」とはさすが石原知事です。恐れ入りました。

 でもまあ,「議会の議決は都民の意思」「世論調査なんて気にしてられない」というのは,代議制をとる民主主義の下では,ある意味では正論でしょう。「文句があるなら世論調査でなく投票行動で示せ!」というわけですね。

 石原知事に同調するわけではないですが,新聞の世論調査というのは,ホント役に立たないと常々思っています。たとえば10日ほど前に,「政治・社会意識 基本調査」という世論調査結果が朝日新聞に掲載されていました。

 この調査結果の一つに,「家族」や「天気予報」などの12項目について「どの程度信用しているか」を調査した結果が掲載されていました。調査結果は下記↓

Photo
(3月21日付 朝日新聞朝刊から転載)

 まあ,どうでもいいような調査ですが,「家族」「天気予報」「医者」「政治家」「宗教」・・・などなど,選ばれた項目が支離滅裂なのには笑えました。そして,信用度が低いのは政治家と官僚という,朝日が期待したとおりの ありきたりの結果。

 それにしても,僕が政治家以上に信用していない「新聞」の信用度が91%と,天気予報並みに高かったのには驚きです。でも,この調査は,新聞社から調査対象者へ郵送で調査票を送って回答してもらうという方法。新聞を信用していないような人は,新聞社宛にマジメに回答を送ったりはしないでしょう。当然の調査結果ですね。

|

« 素晴らしい命名 | トップページ | 鉄道の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/40727357

この記事へのトラックバック一覧です: 世論調査なんて:

« 素晴らしい命名 | トップページ | 鉄道の思い出 »