« S.E.E.カード | トップページ | 特別扱い »

2008年4月19日 (土)

イラク派遣判決

 自衛隊のイラク派遣差し止めなどを求めた集団訴訟の控訴審判決の中で,名古屋高裁はバグダッドを「イラク復興支援特別措置法の『戦闘地域』に該当する」と認定。その上で,空自の活動の一部は武力行使を禁じたイラク特措法に違反し,憲法9条に違反する活動を含んでいるとの判断。ただ,「イラク派遣によって原告らの平和的生存権が侵害されたとまでは認められない」と述べて損害賠償は認めず,また,違憲確認や差し止め請求は不適法な訴えだと指摘して,原告側敗訴とした一審判決を支持し,原告側の控訴を棄却。この判決に対して,原告側は上告しない方針とか。かつ「勝訴」した形の国側は上告できないため,今回の高裁判決は確定する見通しらしい。

 この判決に対して,町村官房長官は「バグダッド飛行場には民間機が出入りしているので戦闘地域ではない」とのコメント。小泉首相(当時)の「どこが戦闘地域でどこが非戦闘地域か,聞かれたってわかるわけない。自衛隊が活動しているところは非戦闘地域だ!」ほどむちゃくちゃな答弁ではないにしても,民間機が飛んでいるという理由だけで非戦闘地域と判断するのはちょっと無理があると思います。

 この判決が裁判の争点に沿ったものかどうかは知りませんが,判決で述べられているとおり,自衛隊のイラク派遣は違憲だと僕は思います。というか,そもそも自衛隊の存在自体が違憲だと思っています(自衛隊が必要かどうかは別の議論として)。ただ,イラク派遣が違憲だと判断しながら違憲行為である派遣差し止めを認めなかったのは矛盾しており,どう考えてもヘンな判決です。判決が矛盾しているからか,「そんなのかんけえねえ(航空幕僚長)」「いろいろと問題のある,癖のある裁判官(3月末に依願退官)だった。最後っぺで,ああいう判決を出したのか(自民党議員)」など,政府・与党からは総スカンのコメント。一方,こんな中途半端な判決を手放しで喜んでいる原告や野党の考えもイマイチ理解できません。

 判決がおかしいことに対しては,読売新聞的表現だと「違憲確認の請求について不適法と判断しているのに,わざわざ傍論で「違憲」との見解を加える必要があったのか(読売新聞社説より)」という表現になるみたいですが,自民党政府の政策に基本的に反対しない方針の新聞って,なんだかなあと思います。いつもながら。

|

« S.E.E.カード | トップページ | 特別扱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/40928102

この記事へのトラックバック一覧です: イラク派遣判決:

« S.E.E.カード | トップページ | 特別扱い »