« 国際宇宙ステーション | トップページ | モバイルSuica特急券(前編) »

2008年3月19日 (水)

日銀総裁

 19日に任期が切れる日本銀行総裁の後任人事は,民主党などの反対により参院では不同意となる見通し。日銀総裁が空席となるのは戦後初めてとか。

 経済・金融オンチの僕には,日銀の役割が何なのかよくわかってないし(銀行の銀行,日本銀行券(紙幣)の発行,公定歩合を決める・・・程度のことは知ってますが),日銀総裁がどれほど重要なポストなのか,空席になるとどんな支障が出るのかなど,イマイチわかっていないだけに,政府・与野党とも日銀総裁人事になんでここまでこだわるのか,理解できません。政府が財務省出身者にこだわるのも不思議だし,野党が反対している理由もはっきりしない。民主党は財務省出身というだけで反対しているように見えるし,必ずしもそうではない報道もあったりして,はっきりわかりません。ちなみに,僕の個人的希望としては,野党は日銀総裁人事に同意して,それと引換えにガソリンの暫定税率廃止を実現して欲しいものだと思っています。ガソリン代が下がると家計は助かるけど,日銀総裁が誰になっても自分の生活には直接影響しないと感じていますので。

 それにしても,政府・与党の見通しは甘すぎると感じます。衆院は与党多数のため,法案成立は衆院の再議決で何とでもなるし,予算案も衆院優先。日銀総裁人事のように衆参で同意が必要なものは衆院だけではどうにもならないことは,与党はわかっていたはず。参院で与野党逆転した昨年夏の時点で,なんで早めにきちんと手を打っておかなかったのかと思います。

 つまり,与党の賛成だけで実質的に法改正は自由にできるので,日銀法を改めて,後任が決まるまでは現総裁が自動的に継続するとか,衆院の同意を優先するように変えるとか,いっそのこと国会の同意を不要にしてしまうとか,その気になれば何とでもなったと思います。そもそも,日銀は政府からの独立性を保つことが必要とされているにもかかわらず,総裁人事に関して国会の同意が必要ということ自体が,ある意味では矛盾しているようにも思います。

 これは,あくまで一例を挙げただけであり,日銀法を変えるべきと言っているわけではなくて,政治家の,先を読まない無計画さを心配しているということです。テロ特措法にしても,道路特定財源の暫定税率延長問題にしても,この日銀総裁人事にしても,必ず期限切れの土壇場でドタバタしているのが情けないです。

|

« 国際宇宙ステーション | トップページ | モバイルSuica特急券(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/40552219

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀総裁:

« 国際宇宙ステーション | トップページ | モバイルSuica特急券(前編) »