« 防ぎきれない | トップページ | 日本史が必修に »

2008年2月15日 (金)

冤罪

 被告12人全員の無罪が確定した鹿児島県議選の公職選挙法違反をめぐる「志布志事件」について,鳩山法相は法務省で開かれた検察長官会同の席上で「冤罪と呼ぶべきではないと考えている」と発言。この発言は,全国の検事正たちに対して捜査のあり方への反省を求める中で出てきたもので,富山県の男性が実刑判決を受けて服役後に真犯人が発覚した強姦事件の場合は「冤罪」と表現し,刑が確定していない志布志事件の場合は冤罪ではないとの見解を示したもの。

 ところが,鳩山法相はこの発言の後で会見を開き,「志布志事件では,被告とされた方に大変ご迷惑をおかけし,社会通念上は冤罪と言われても致し方ない」と釈明。また,衆院予算委員会では「志布志の被告であられた方々が不愉快な思いをされたとすれば,お詫びをしなければならない」と陳謝したとか。

 調べたところ,「冤罪」の正しい定義は,裁判での有罪判決が確定した場合に限るとのことでした。へ~~,知らなかったです。僕は刑確定前でもごっちゃに使っていました。鳩山氏の認識は正しかったということで,さすが法務大臣ですね。見直しました。

 ということで,この鳩山法相の発言は失言でもなんでもないので,謝罪する必要はないと思いますよ。もっとも,「お詫びをしなければならない」って言ってるだけなので,謝罪なんかしてません。政治家って,謝罪すべき時に「お詫びをしなければならない」とか「お詫び申し上げたい」とかいう表現をすぐに使います。この「素直じゃない」表現は,全然お詫びになってませんよね。

|

« 防ぎきれない | トップページ | 日本史が必修に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/40136905

この記事へのトラックバック一覧です: 冤罪:

« 防ぎきれない | トップページ | 日本史が必修に »