« 客層キー | トップページ | 候補者調整 »

2008年2月 8日 (金)

効果なし

 公正取引委員会は,自動車のラジエーターに入れるだけで燃費が向上するなどの効果をうたった自動車用冷却水添加剤が景品表示法違反にあたるとして,メーカーと販売会社に対して排除命令を出す方針とか。この商品は,「排ガスを浄化して燃焼効率を上げる」「燃料消費量がガソリン車で3~30%程度減る」などの効果があると表示されているが,公取委は「実験データなどの科学的な根拠が不十分」「商品は『お守り』的な役割しか果たしていない」などの理由により,不当表示と判断したもの。

 これに限らず,カー用品には効果の疑わしい「怪しい商品」が多いような気がしますね。代表的なのは,ガソリンスタンドなどでよく使用を勧められる「水抜き剤」でしょうか。この「水抜き剤」は,燃料タンクに注入することでタンク内の水分を分解するものらしいですが,そもそも注入しなくてもエンジンにはまったく支障がないとも言われており,商品価値があるのか疑問です。

 話は変わって,「必ず毛が生える」との勧誘を信じて育毛ケアを4年間受けたのに効果がなかったとして,毛髪クリニックに860万円の損害賠償を求めた訴訟について,クリニック側が施術代の約9割にあたる430万円の解決金を支払うことで和解したというニュースがありました。ちなみに,このニュースの新聞見出しは「薄かった効果」(笑)

 育毛ケアの効果というのは,もともと個人差があるでしょう。そもそも,効果があったように見えたとしても,育毛ケアによる効果なのか,他の要因による変化なのかの判断が難しいと思います。育毛とかエステとかダイエットなどは,人の弱みにつけ込むような,効果が怪しい商品は世の中にいっぱいありそうです。こういう科学的根拠がはっきりしない商品に対しても,公取委はきちんと取り締まって欲しいものです。

|

« 客層キー | トップページ | 候補者調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/40040382

この記事へのトラックバック一覧です: 効果なし:

« 客層キー | トップページ | 候補者調整 »