« パレード中止 | トップページ | ここで使うか? »

2008年1月13日 (日)

ナショナルの思い出

 松下電器産業は,会社名を「パナソニック」に変更することを発表。併せて,国内で使用している「ナショナル」ブランドも廃止する方針とか。

 そういえば数年前,仕事で松下グループの人と同席したとき,その人は「松下の・・・」とは言わずに「パナソニックの××です」と自己紹介されていました。松下は,何年も前から意識的に「パナソニック」ブランドの浸透を図ってきたということなのかも。いつの間にか「明るいナショナル」の歌も聴かれなくなったし。

 以前の記事にも書きましたが,この「松下電器産業」に限らず,僕は馴染みのある漢字表記の社名の方が味わい深くて好きですね。せっかくの由緒ある社名をカタカナ名に変えてしまうのはもったいない気がします。それと,僕のような古い人間にとっては,松下といえば「パナソニック」よりも「ナショナル」の方が馴染み深いですね。

 「ナショナル」の思い出としては,「ズバリ!当てましょう」というテレビ番組が懐かしいです。「ナショナルの顔」こと泉大助氏司会の番組で,「ナショナルぅ~,ナショナルぅ~,プライスクイズ~,・・・,バ~リバ~リ,ズバ~リと~,当てましょお~♪」というテーマソングが今でも浮かびます。モノの値段を当てるという「お下品」な番組ではありましたが,当時としては夢のような豪華景品が用意されていて,子供心には見ているだけでけっこうドキドキして楽しんだ記憶があります。

 そしてもう一つ。「ナショナル」といえば,1960年代の特撮ヒーロー「ナショナルキッド」を思い出します。その名のとおり,松下が作った宣伝のためのヒーローです。僕がテレビで見たのはリアルタイムではなかったと思いますが,ナショナルキッドが登場するシーンで流されるファンファーレはなかなかの名曲で,今でも耳に残っています。たとえばこちらのサイトで,オープニング映像と主題歌が楽しめますよ↓
http://www.komatomo.com/tv/anime/national/menu.html

 ちなみに,この「アニメ・特撮館」のサイトは,これ以外にもアニメ・特撮ヒーローのオープニング映像や主題歌が多数アップされていて,超懐かしいです。

 過去の関連記事:社名って大事(2006年2月16日)

|

« パレード中止 | トップページ | ここで使うか? »

コメント

いや~なつかしいです、私は「エイトマン」の主題歌を聞いてしまいましたが…。もう(リアルタイムで)知ってる人はあまりいないかも^^。
最近のアニメって勧善懲悪じゃなくて教育的効果はないような気がします。無意味に殺しあうのも多いですね。
昔のアニメは刺激が少なくて、子どもにはちょうど良かったかも。

投稿: dashi | 2008年1月14日 (月) 00時19分

 「えいとまん」と初めて入力しても「エイトマン」ときちんと変換できませんね。この時点ですでに死語ということでしょう。
 昔のヒーローはピストルを持っていても相手をぜったい殺しはしなかったと言います。なんでピストル所持が許されたのかは大いに疑問ですが。

投稿: かば | 2008年1月14日 (月) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/17672973

この記事へのトラックバック一覧です: ナショナルの思い出:

» 世界のPanasonic  日本のNational [ファイターズパパのブログ初挑戦!,ナショナルの思い出]
 明るい~ナショナル~   「じゃじゃ~ん私は正義の味方ナショナルキッド」(古い~)  創業者 松下幸之助氏の名前から取った「松下電器産業」(National)  を知らない日本人はいません。  特に 40代後半より上の世代では「松下電器」「ナショナル」の方...... [続きを読む]

受信: 2008年1月13日 (日) 18時19分

« パレード中止 | トップページ | ここで使うか? »