« 東京国際空港 | トップページ | 原発への支援 »

2008年1月26日 (土)

緊急地震速報

 26日午前4時33分ごろ,石川県能登地方を震源とする地震があり,一部の地域で震度5弱を観測し,気象庁が昨年10月から始めた緊急地震速報の対象となる震度だったにもかかわらず,予測時点の震度が基準の震度5を下回っていたために速報は流れなかったらしいです。

 緊急地震速報システムが導入されて初めての速報の機会だったにもかかわらず,予測の震度と実際の震度がずれて速報に至らなかったということで,このシステムを導入した関係者にとってはなんとも残念な結果でした。でも,もし予測結果が震度5以上で,きちんと速報が流れたとしても,早朝の4時33分にNHKのテレビやラジオを視聴している人って滅多にいないので,結局は全然役に立たなかったと思いますよ。

 そういえば,今月の13日の深夜に,NHK職員が誤って緊急地震速報のボタンを操作し,NHK総合・教育・衛星第1・衛星第2・ハイビジョンの各テレビチャンネルで緊急地震速報が流れてしまうという「事件」がありましたが,この時のNHKコールセンターへの問合せはわずか二十数件だったとか。誤報に気づいてわざわざ電話してくる人というのは少数派だと思いますが,それでも,日本全国津々浦々をカバーしているNHKのテレビ放送に対して,誤報に反応したのがたった二十数人というのは少なすぎます。

 つまり,夜中に地震が発生したような場合には,このシステムは全然役に立たないということが,はからずもこの誤報によって証明されたということですね。かの阪神・淡路大震災も早朝の5時台だったので,たとえこのシステムが導入されていたとしても,結局は役に立たなかったということことでしょう。

 そもそも,仮に多くの人がNHKの放送に注目している時間帯に大地震が発生した場合でも,地震発生のほんの数秒前に緊急速報を聞いて,いったい何ができるのかは疑問で,この速報の有効性が僕には理解できません。このシステムの導入にいったいどれだけの時間と金をかけたのかは知りませんが,ムダなことはさっさとやめた方がいいと僕は思います。

|

« 東京国際空港 | トップページ | 原発への支援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/17854198

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急地震速報:

« 東京国際空港 | トップページ | 原発への支援 »