« 企業へのアンケート | トップページ | 県道の命名権売却 »

2008年1月 6日 (日)

漢字検定に挑戦!

 財団法人「日本漢字能力検定協会」が実施している日本漢字能力検定(いわゆる漢字検定=漢検)というのがありますね。若い頃に一度受けてみようかと思った時期があったんですが,書店へ申し込むなどの手続きが煩雑で,なんとなく敬遠していました。

 ひさびさに協会のホームページをのぞいてみたんですが,さすがに時代は変わって,ネットで申し込んでクレジット決済が可能になっているらしい。申し込みが簡単になると,一度受けてみようかという気にもなります。

 そして,さらに驚いたことに,パソコンを使って好きな日に受検できて,通常の漢検と全く同じ認定が取得できる「漢検CBT」というテストが実施されていることを初めて知りました。このテストの受験可能日は会場によって異なりますが,たとえば東京・京都などでは毎日いつでも受検できるみたいです。

 この「漢検CBT」の試験方法は,「読み」などはキーボード入力,そして「書き方」や「部首」などは,タブレットを用いてパソコン上で「手書き入力」するらしい。でも,今や日常の文章作成はほとんどパソコンなので,手書きで漢字を書くことよりも,日本語入力ミスや変換ミスなどをしないことの方が重要でしょう。タブレットを使ってまで,なんで「手書き」にこだわるのか,イマイチ理解できませんね。

 タブレットの操作性はどう考えても「手書き」にはかなわないと思うので,「漢検CBT」は通常の試験よりも不利じゃないかとイマイチ心配ですが,それでも,「ネットで申し込んでパソコンで受検」というのは,僕の琴線に触れる受検スタイル。いずれ受けてみようかと思っています。

 過去の関連記事:漢字検定(2006年9月30日)

|

« 企業へのアンケート | トップページ | 県道の命名権売却 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/17602951

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字検定に挑戦!:

» 漢字検定 [漢字検定研究サイト]
漢字検定を総合的に考えるサイトです。漢字検定に関するRSS情報を付記しました。 [続きを読む]

受信: 2008年1月 8日 (火) 13時49分

« 企業へのアンケート | トップページ | 県道の命名権売却 »