« 正しい日本語? | トップページ | 2007年大晦日 »

2007年12月29日 (土)

立つか座るか

 洋式トイレの便座には必ずフタが付いていますが,男性の場合,用足し後にフタを閉めない人って多いですね(女性の場合はどうか知りませんが)。僕は必ずフタを閉めないと気が済まないので,電車のトイレなどでフタのないタイプのものを見ると,すごく気色悪いです。そういえば,「昼間は主婦一人しかいない家で,便座が上がったままになっているのを帰宅後のダンナが見つけて浮気がばれた」みたいな笑い話を聞いたことがあります。便座を上げて用足しするのは男性だけですからね。こういうこともあるので,男性は必ずフタを閉める習慣をつけましょう!(笑)

 ところで,ちょっと前の毎日新聞Webニュースに出ていた話題・・・松下電工が30~50代を対象に行った調査によると,洋式トイレで,立たずに座って小用をする男性は49%で,1999年に調査した時の15%から3倍以上に増え,ほぼ半数に達したとか。特に,若い男性に「座り派」が多いらしい。

 へ~~,座ってする男性が半分もいるとは知らなかったです。「小」はみんな必ず立ってするものだと思っていました。僕は,体調が悪い時などはベンザエース飲んで便座に座ったりしますが(なんのこっちゃ),基本的に「立ってする」派ですね。

 この記事によると,立って小用をすると「飛び散り」による汚れと悪臭が増えるとのことで,これを防止するには「座り派」に転向するのが早道ということらしいです。たしかに,洋式トイレの便器の形状から,座ってするのがベストというのには納得です。

 松下電工の調査によると,立ってする場合でも,水面の中央部分にめがけてすると比較的「飛び散り」が抑えられるとのことで,同社は水面中央部分を「エチケットポイント」と名付け,ライトで照らして示す便座を昨年から発売したらしいです↓

Photo
(毎日jpから転載)

 ライトが照らされたポイントを目がけるようとする意識が働くものなのか,よくわかりませんが,こんな面白い商品を考えるのは,たぶん日本のメーカだけでしょうね。で,僕が思いついたアイデアは,便座を上げたらいっしょに両サイドにあるカバーがせり上がって飛散を防ぐような構造にする・・・この方がより確実かと思いますが,いかがでしょうか。

|

« 正しい日本語? | トップページ | 2007年大晦日 »

コメント

4ヶ月ほど前に更新したわが家のやつにも、そのエチケットポイントなるものがついています。でも必要性を感じないの・・というより、そんなものなくてもちゃんとできるわい・・という感じで、いつもOFFにしてます。私の場合は、そんな機能より、便座は人間を感知して電源が入り、温水は使うときに瞬時で温める・・だから電気節約・・そこに惹かれました。
 両サイドのカバーせり上がり・・そのカバーに飛散することになって、その始末をどうするかということが難しいのかなぁ・・と思いますけど。
 

投稿: ごんべい | 2007年12月31日 (月) 02時05分

 我が家のウォシュレットは20年近く前のものですが,着座してから便座や洗浄水が温まるように設定しているので省エネです。やはりこれは最低限必要な機能でしょうね。
 サイドカバーに当たったモノは便器の中に落ちるようにすればいいんですけど,構造的にちょっと難しいかな。

投稿: かば | 2007年12月31日 (月) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/17515172

この記事へのトラックバック一覧です: 立つか座るか:

« 正しい日本語? | トップページ | 2007年大晦日 »