« 流行語大賞2007 | トップページ | は~るばる来たぜ函館 »

2007年12月 8日 (土)

ネットも法規制

 通信と放送にかかわる10本程度の法律を「情報通信法(仮称)」に一本化し,インターネット上の情報も規制対象とする提言を総務省の研究会がまとめたらしい。これによると,テレビ番組やウェブサイトなど通信・放送の中身を「視聴者数」「有料か無料か」「映像・音声・データの種別」などの社会的影響力に応じて3区分し,社会的影響の大きいメディアサービスに対しては,「政治的な中立性が保たれているか」「公序良俗に反していないか」などの観点から,現在の地上テレビ放送並みに規制するよう求めている。一方,通常のホームページなど社会的影響力の小さいコンテンツについては,表現の自由に配慮し,違法・有害情報対策として最低限の規律を設けるにとどめるとのこと。

 現在のネット情報には何も規制がなく,有害情報やプライバシー侵害などの問題があると言われており,たしかにそのとおりですが,だからといってネットに法規制を設けるというのは,ちょっと無理があるでしょう。通常のホームページは規制対象外といっても,視聴者数(=ネット上のアクセス数?)で判断したら規制対象は限りなく広がると思います。でも,海外サイトからの配信については規制そのものが物理的に不可能であり,その点が放送とインターネットとの決定的な違い。結局は手間だけかかって実効を伴わないでしょう。ムダなことはやめた方がいいと思いますよ。

 この種の規制のためかどうかはわかりませんが,今の新聞やテレビ放送を見ていると,どれも似たり寄ったりで個性がないと思います。また,大手メディアによる報道は,ある時には一面的で,それこそ偏った「有害情報」と感じることもあります。一方,ネット上では,配信する人それぞれの立場で自由に発言でき,メディアによるニュースも政党のホームページも個人のブログも全く同列。フィルターが何もかかっていないからこそ,現在の新聞や放送に比べればよほど「公正中立」だと感じています。

 ということで,この総務省によるネット規制の提言は,ちょっと不愉快で心配な話題でした。

|

« 流行語大賞2007 | トップページ | は~るばる来たぜ函館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/17313855

この記事へのトラックバック一覧です: ネットも法規制:

« 流行語大賞2007 | トップページ | は~るばる来たぜ函館 »