« ×××はいけない! | トップページ | 「バカ市長」記事 »

2007年12月26日 (水)

運転手の責任?

 東京外環道(高速道路)のジャンクション付近で,少年サッカーチームの乗るマイクロバスのドアが走行中に開いて小学生が車外に投げ出され,後続のトラックにはねられて死亡するという事故がありました。埼玉県警は,バスを運転していたサッカーチームのコーチとトラックを運転していた会社員を自動車運転過失致死の疑いで逮捕したらしい。

 事故のシーンを想像すると背筋が凍るような,大変痛ましい事故であり,亡くなった小学生は本当に気の毒だと思いますが,「自動車運転過失致死容疑」とは,マイクロバス運転手にとっては厳しい警察判断になったものだと思います。

 走行中のスライドドアが開いた原因については,半ドアになっていたのか,クルマの構造上の問題なのか,この小学生がうっかり開けたのか,はっきりしていませんが,報道によると,運転手が安全確認義務を怠り,走行中は「自動」にすべきドアを「手動」にしていたということらしいです。でも,世の中には手動ドアのクルマもいっぱいあるわけで,その意味では,自動か手動かというより,ドアがきちんと閉められてロックされていることの確認を運転手が怠ったということなんでしょう。

 僕はクルマを発車する時,半ドアでないことの確認は当然しますが,助手席や後部座席のドアロックまでは確認しないですね。運転手が運転席以外のドアロックまで確認すべきというのは,僕にとってはちょっと厳しいなと感じました。

 そして,マイクロバスから転落した小学生をはねた後続車の運転手も同じ容疑で逮捕。事故現場はジャンクション付近の40km/hの速度制限部で,このクルマは制限速度を超過していたらしいですが,そうはいっても歩行者のいない高速道路内。まして前方の車から人が落ちてくるなんて普通は想像できないでしょう。後続車の運転手にとって,この事故を防ぐというのは大変難しかったと思います。

 でも,どんな場合でも,運転手は「走る凶器」を操っているということを常に意識して運転する必要があるということなんでしょう(自戒を込めて)。ということで,運転手のみなさん,どうぞご安全に!

|

« ×××はいけない! | トップページ | 「バカ市長」記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/17487262

この記事へのトラックバック一覧です: 運転手の責任?:

« ×××はいけない! | トップページ | 「バカ市長」記事 »