« 九州へ行って来た | トップページ | 入国者の指紋採取 »

2007年11月20日 (火)

東京での半日

 先週の土曜日は,出張の帰りに東京で半日潰しました。最初に行ったのは六本木の国立新美術館。ちょうど「日展」を開催していたので見ましたが,日展を見たかったんじゃなくて,新しくできた国立新美術館へ行ってみたかったということです↓

Photo

 この建築には,なかなか圧倒されます。展示室の中も明るくて見やすかったです。それにしても,日展というのは,展示品の物量がハンパじゃなく,しかも,びっしり詰めて展示されています。一般人がゆったり鑑賞する展覧会ではないなと感じました。僕はかなり昔,高校の美術の授業で日展を見たことがあり,それ以来でしたが,当時の展示品は今より遙かに少なかった記憶があります。

 次に行ったのは上野の国立科学博物館。ここで「大ロボット博」をやっていて,来年の1月27日まで公開中です。いろんな種類のロボットが展示されていますが,期待していたほどの物量ではなく,「大ロボット博」は言いすぎのような気がします。下の写真は,ベルトコンベアーで流れている商品を瞬時に置き換えて並べる産業用ロボット。僕はこういうのが大好きで,見ていて飽きません↓

Photo_2

 そして,やっぱり人気なのはアシモのショー。短時間のショーですが,ダンスをしたり,ボールを蹴ったりするアシモが見られます。片足を上げてバランスを取りながらボールを蹴る動作って,ロボットにとっては凄いことらいしいですよ。下の写真は飲み物を運ぶシーン。アシモの歩く姿というのは,ぎっくり腰の人みたいに危なっかしくてヒヤヒヤします。階段を上がったり階段から落ちたり(?)するシーンがなかったのは残念。

Photo_3

 もう一つ。国立科学博物館では「ファーブルにまなぶ」という展示もやっていました。ファーブルといえば「昆虫記」。昆虫の好きな人に愛されているファーブルですが,僕は虫の好かない人間,じゃなくて,虫が苦手な人間なので,ファーブルの素晴らしさがイマイチ理解できないのが残念です。

|

« 九州へ行って来た | トップページ | 入国者の指紋採取 »

コメント

こんちは!
国立新美術館行かれたのですね!どうでしたか?なかなかの迫力でしょ?
日展はだめですよね~。あれは最近「金儲けの手段」になっていて、点数ばっかり増えてるんです。日本の美術館も後は中身が充実してきたらいうことないのですが、こちらに関してはまだまだ時間がかかりそうですね。ではでは

投稿: ちきりん | 2007年11月20日 (火) 20時38分

 こんにちは。
 国立新美術館はなかなかの迫力で,圧倒されました。展示室内の照明が蛍光灯で明るいのも機能的でいいと思います。照明が白熱灯の美術館も多いですが,白熱灯だと作品の色が変わってしまうのが不満です。
 日展は点数が多すぎて(しかも絵はすべてデカい!),マトモに見たら時間がいくらあっても足りません。そういえば,国立新美術館をデザインした黒川紀章氏は,生前,「国立新美術館は日展のために設計したようなもの」と言っていたらしい。この美術館なら膨大な数の作品を余裕で展示できるということでしょうか。

投稿: かば | 2007年11月20日 (火) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/17125454

この記事へのトラックバック一覧です: 東京での半日:

« 九州へ行って来た | トップページ | 入国者の指紋採取 »