« ALWAYS 続・三丁目の夕日 | トップページ | アッと驚く »

2007年11月 5日 (月)

新「マチベン」

 先週,NHKハイビジョン放送で,ドラマ「新マチベン~オトナの出番~」を放送していました。これは今年の6月から8月にかけて「土曜ドラマ」として6回連続で放送されたものの再放送。チャンネルを変えた時にたまたま見つけただけでしたが,僕は法廷ものの映画やドラマは好きなので,結局全6話を最後まで見てしまいました。

 このドラマは,60歳になって弁護士資格を取得した3人の「新人弁護士」の話で,弁護士に扮するのは渡哲也さん・地井武男さん・石坂浩二さんの3人。ドラマの内容よりも,この3人の「役者ぶり」の違いが面白かったです。

 まずは渡哲也氏。この人って,発声が不明瞭で,たどたどしいしゃべり方をするので,見ていてすごくハラハラします。これって「地」なの? 演技なの?・・・これが演技で「わざと」だとしたら,大した名優だと思いますが,これが「地」だとしたら,なかなかのダイコンだと感じました。でも,僕は渡哲也さんの映画やドラマを見たのはこれが初めてだったので,どっちなのか判断できなかったです。

 それに比べて,地井武男さんと石坂浩二さんは,さすがに安心して見ていられましたね。ただ,石坂浩二さんは,バラエティー番組などで見る機会が多いせいか,軽いキャラクターのイメージができてしまって,なかなか弁護士には見えない。もっとも,最近は,バラエティーによく出る,軽いキャラの弁護士が多いですが。でもやはり,俳優たる者は,あんまりバラエティー番組には出ない方がいいと思いますよ。

 ということで,全6話を見ましたが,ドラマの完成度としてはイマイチ。部外者がいるバーの中で,弁護士3人が機密事項をベラベラしゃべるなんて許されないはず。こういうシーンにはすぐに突っ込みたくなります。

 NHKのドラマと言えば,かの「夢千代日記」(1981年放送,早坂暁脚本,吉永小百合主演)を思い出します。その後に制作されたテレビドラマで,これにまさる作品には,いまだにお目にかかっていません。僕の中では「夢千代日記」がテレビドラマの最高傑作ですね。

|

« ALWAYS 続・三丁目の夕日 | トップページ | アッと驚く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/16978072

この記事へのトラックバック一覧です: 新「マチベン」:

« ALWAYS 続・三丁目の夕日 | トップページ | アッと驚く »