« ここで代える? | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日 »

2007年11月 3日 (土)

びっくり仰天

 プロ野球・日本シリーズの第5戦で,8回までパーフェクトピッチングの投手を降板させた落合監督の采配にはびっくり仰天でしたが,それ以上に,福田総理が小沢氏との党首会談で連立政権の申し出をしたという昨日のニュースには,超びっくり仰天しました。

 福田総理は,「今の政治状況を打開しなければいけない。国民生活のこともある。国の政治が止まっていていいのか。政策を実現するための体制を作る必要があるという考え方で,いろいろな提案をした」と述べたらしいですが,なんで今の状況を「国の政治が止まっている」と思うのかが理解できません。与党は,自分たちの思い通りに国会審議が進まないと「政治が止まっている」と考えるんですね。すごく身勝手な考えだと思います。

 そもそも今の国会勢力は,いいか悪いかは別にして,これはこれで選挙の結果であり「民意」です。選挙前の公約になかった連立を実施して国会勢力を変えようというのは,民意を全く無視することになります。あくまで今の国会勢力のままで国会運営をするのがスジです。民主党のことを信頼しているわけでは全然ありませんが,少なくとも「自民党しか賛成しない法案」より「自民党・民主党ともに賛成する法案」の方がマシだろうと僕は思うし,両党とも賛成する法案しか成立しない今の状態は,ある意味で理想的とも思えます。衆参ともに「無条件に賛成する議員」が多数派でないと国会運営がまともにできないというのは,情けないです。

 この自民党の申し出に対して,民主党は役員会を開いて連立反対を確認。もし自民と民主が連立したら,与党議員の議席数は衆参両院で9割を超すことになるため,チェック機能が働かず,とんでもない政治になるでしょう。民主党の結論は妥当だとは思いますが,そんなの,福田総理から言われた時点で,小沢代表はすぐに断わるべきです。いったん持ち帰って役員会を開くあたり,受け入れる可能性もあったということなんですね。困ったものです。何しろ今の民主党には,かつて自民・社会の大連立をした「前科」のある人たちも多く残っているので,ホント心配です。また,町村官房長官は民主党の連立拒否について,「こんなに早くノーという答えが出るとは意外だし,残念だ」と語ったとか。この人の感覚にもちょっとついていけません。

 ところで,参院の与野党逆転を受けて政界再編などが噂されていますが,どんな理由があっても,政党の公認で当選した議員が所属政党を変わるというのは有権者に対する背信行為であり,議員の失職に値すると思います。この点(所属政党が変わったら失職)は,ぜひ早く法制化して欲しいものだと思います。

|

« ここで代える? | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/16956733

この記事へのトラックバック一覧です: びっくり仰天:

« ここで代える? | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日 »