« 筆算は苦手 | トップページ | 運転室展望 »

2007年10月14日 (日)

赤福餅

 赤福餅の消費期限を偽って表示・販売していたとして,農林水産省が日本農林規格(JAS)法に基づき改善を指示した問題。赤福は,長年にわたって,出荷しなかった商品の包装をはがして冷凍保存し,解凍した日を改めて製造日と記載し,再包装して消費期限を設定し直していたとか。また,赤福は原材料名を「小豆,もち米,砂糖」の順に記載していたが,実際には砂糖の質量が最も多かったということで,原材料名を質量の多い順に記載するように義務づけたJAS法に違反するということでも改善を指示されたらしい。

 この指摘の前に出荷されていた赤福餅約11,000箱は,すぐに回収されたらしいですが,回収された商品はどうなったんでしょうね。まさか再度「冷凍保存」ということはないと思うので,たぶん廃棄処分されたんでしょう。今回の農水省の指摘は「ごもっとも」なのかと思いますが,この手の問題が出るたびに,まだ食べられる食品を回収して廃棄処分にするのって,すごく違和感を覚えます。ビンボー育ちの人間の感覚では,やはりもったいないです。商品の品質に問題があるのなら回収は当然としても,品質に問題がないなら,在庫分は安くして販売してもいいのにと思いますけどね。法的には許されないのかも知れませんが。

 そういえば以前,関西から三重県経由で戻ってくる時,高速のサービス・エリアで赤福餅を買ってくるように知人から頼まれていたので立ち寄ると,時刻が遅かったため赤福餅の販売は終了して買えなかったということがありました。赤福は「保存料を使わずにその日のうちに売り切る生菓子」という扱いで,品質面で他の土産物とは一線を画しているみたいです。その点で,今回の件は「消費者を裏切った」ということになるのでしょうね。

 ちなみに,この赤福餅,餅を甘いあんこでくるんだだけの単純なお菓子で,「懐かしい素朴な味」ということで人気があるのかも知れませんが,僕はあんまり美味しいとは思いませんね。今どきの上品な和菓子と比べたら,ちょっと「甘すぎ」でしょう。僕だったら,あんこの部分はほとんど残して,餅を主体に食べるかも。農水省から指摘を受けたように,原材料の質量が最も多かったのが「小豆でも餅でもなく砂糖」というのは納得です。まあ,赤福餅は,「懐かしい素朴な味」という以上に,「伊勢のお土産」という存在感と抜群の知名度で人気が高いということなんでしょうか。

|

« 筆算は苦手 | トップページ | 運転室展望 »

コメント

お盆休みに北海道を旅しましたが、私の泊ま
った宿のご主人は、ミートホープの社長様の
した事は、合理的に無駄をなくして食材を有
効活用したのだから、それはそれでえらい事
だ、でもそれを嘘をついて販売したことは、
時代遅れの田舎のおじさんだったのでしょう.....
と語っていました。そのご主人様は若い時
バックパッカーで、食べ物もろく食べられな
い人をたくさん見てきたし、自分自身も長旅
の中で、食べ物には何回も不自由してきたの
でしょう、、、

私には出来なかった発想でちょっと驚きました。


その話を聞いた翌日、今度は白い恋人が店頭
から消えたのですが.....


今のご時世、企業は法令遵守が当たり前のな
のですが、どちらの経営者の方も「自分の一
生懸命作った食べ物が捨てられるがとても辛
かったのでしょう」
と素直に思える自分になりたいものです。

白い恋人も、赤福も又食べたいな、やぱりう
まいもんね....

投稿: 芳樹 | 2007年10月15日 (月) 23時34分

 そうですよね。だいたい,どんな物でもそれなりに食べられるものなので,食べ物を廃棄するようなムダは避けたいです。ごまかさずにきちんと表示してくれればいいのにと思います。
 コメントありがとうございました。

投稿: かば | 2007年10月16日 (火) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/16760426

この記事へのトラックバック一覧です: 赤福餅:

» 赤福の撤去始まる [ニュースを毎日記録する]
赤福は1707(宝永4)年創業で、今年がちょうど創業300年を迎える老舗の和菓子メーカー。お伊勢参りの名物土産として知られ、東海地方だけでなく、近畿一円の駅売店や百貨店などで販売しており、年間売上高は80億円を超える。単品のお土産としては日本一とも言われ...... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 21時30分

« 筆算は苦手 | トップページ | 運転室展望 »