« 白い恋人 | トップページ | 日本シリーズ第2戦終了 »

2007年10月27日 (土)

絶妙のタイミング

 政府は,不祥事を起こした国家公務員に対し,退職金の返還を求める条件を拡大する法改正の検討に入ったとか。守屋前防衛事務次官の接待疑惑や前九州厚生局長の金品受け取り事件など,退職後に不祥事が発覚した元職員に退職金返還を求める声が高まっていることに配慮したものらしい。現在の法律では,「懲戒免職」「在職中の行為で禁固刑以上の刑罰」「退職前の起訴」に該当する国家公務員には退職金の支給停止や返納などを求めることができるが,刑事事件に発展しない場合や,起訴されても禁固刑未満となった場合は,法的には退職金の返還を求めることができないということらしいです。

 たしかに,守屋前事務次官のように,あれだけの疑惑がありながら,7,600万円といわれる退職金の満額を受け取ったというのは納得できないという声が多いことでしょう。このため,石破防衛相は守屋氏に「退職金の自主返納」を求める考えのようですが,たとえ偽名でゴルフをして自衛隊員倫理規程に違反していたとしても,違法行為ではなく,収賄などの刑事事件となる可能性も低く,本人は「自主返納」を拒否する可能性が高いですね。

 ところで,守屋氏の一連の疑惑は最近明るみになったわけですが,守屋氏が事務次官を退官したのはつい最近のこと。守屋氏にとっては,この退官はなんとも「絶妙のタイミング」だったと言えます。小池前防衛大臣との確執の末に事務次官を更迭されたと言われていますが,さぞかし更迭した小池氏に感謝していることでしょうね。

 その小池前防衛大臣本人も,「絶妙のタイミング」で辞めたものだと感心します。防衛省幹部の接待疑惑や海上自衛隊の給油活動をめぐる隠蔽問題などで追及を受けて四苦八苦している石破防衛相を見ていると,小池氏はつくづく「ツキがある」と思いますね。まあ,それを言えば,安倍前総理が辞めたのも,本人にとっては「絶妙のタイミング」だったということか。

 そして何よりも,防衛庁から防衛省に「格上げ」されたのは,防衛省にとっては「絶妙のタイミング」だったと言えるでしょうね。今だったら「格上げ」なんてとても許されなかったでしょう。防衛省はホントに「ついている」と思いますよ。それにしても,これだけの問題が出ても,防衛省を防衛庁に再度「格下げ」しようという声が上がらないないのも不思議です。少なくとも,「格上げ」に反対していた野党は,「格下げ」なり「解体」なりを主張すべきだと思います。

 防衛省の昇格問題に限らず,野党が国会で反対したのに成立した法案については,野党は次の国政選挙で「それを元に戻す法案を出す」ことを公約に挙げるのがスジだと思いますが,そういうケースは少ないです。野党の主張って,どうも一貫性に欠けているような気がしてなりません。

|

« 白い恋人 | トップページ | 日本シリーズ第2戦終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/16892884

この記事へのトラックバック一覧です: 絶妙のタイミング:

« 白い恋人 | トップページ | 日本シリーズ第2戦終了 »