« 「文豪・夏目漱石」展 | トップページ | 沖縄戦の集団自決 »

2007年10月 9日 (火)

見慣れない道路標識

 今日は,あまり見慣れない道路標識の話。まずはこれ↓

Photo

 運転免許を持っている方は当然ご存じだと思いますが,「車両横断禁止」という標識です。つまり,標識のデザインが示すように,道路を横断して駐車場から駐車場へ移動したり(こんなことする人はまずいませんが),道路の右側を横切って駐車場などに入ったりする行為が禁止されています↓

1

 もちろん,駐車場などから道路の右方向へ出るのも禁止↓

2

 都会の広い道路では,この「車両横断禁止」は当たり前なんですが,地方都市へ行くとこの標識はほとんどお目にかかりません。少なくとも僕は茨城県内ではこの標識を見たことがないですね。もっとも,中央分離帯がある道路では,この標識がなくても物理的に横断は不可能ですが。

 田舎ではめったに見ない標識だからか,2ヶ月ぐらい前,富山県の地方都市で,複数の警察官がこの標識を「右折禁止」と誤って,信号のない交差点で右折した車両に対して反則切符を出していたという話題がありました。なんともお粗末。

 ちなみに,交差点での「右折禁止」を意味する標識は,たとえば十字路交差点の場合はコレ↓

Photo_2

 これは,いわゆる「指定方向外進行禁止」という標識ですが,僕の意見としては,右折禁止などは,この標識だけでなく,もっと直感的に「右折禁止」がわかるようなデザインの標識を決めた方がいいような気がします。この「指定方向外進行禁止」だけで右折禁止を示すのって,イマイチ気に入らないです。

 あと,あまり見慣れない道路標識として思い出すのは,「安全地帯」を示す標識↓

Photo_3

 道路上にある路面電車の停留所でよく見かけますが,路面電車が走る街を運転しない人はあまり見ない標識だと思います。ついでに,路面電車専用の信号は,黄色の矢印が進行可で,赤の×が停止信号。不思議なことに,自動車教習所では黄色矢印は教えますが×信号のことは教えないようです。

|

« 「文豪・夏目漱石」展 | トップページ | 沖縄戦の集団自決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/16706390

この記事へのトラックバック一覧です: 見慣れない道路標識:

« 「文豪・夏目漱石」展 | トップページ | 沖縄戦の集団自決 »