« 映画の著作権 | トップページ | 名前の読み方 »

2007年9月17日 (月)

自民党総裁選挙

 今回の自民党総裁選挙というのは,実質的には次期総理大臣を選ぶ選挙でありながら,大半の有権者には選挙権がないのは周知のとおり。だったら「それなり」の扱いでいいと思うのに,党もマスコミも,まるで国政選挙と勘違いしているかのような扱いですね。現時点での総理大臣は,あくまで入院中の安倍さんで,「3,4日の入院が必要」と言われていたので,そろそろ退院してもいい時期。早く退院していただいて本人の話を聞きたいと思っている人も多いと思いますが,自民党総裁選に対する過剰な報道は,まるで国民の目を安倍総理からそらそうとしてるのかと,勘ぐりたくなります。

 国会の会期中に国会審議を中断して,一政党の党首を選ぶために,党員向けの街頭演説をしている光景は異様です。「国会開催経費の無駄遣い」として,自民党に対して提訴する納税者がいないのが不思議なくらいです。公道を使って党内の選挙活動をやっていいのかというのも,大いに疑問です。さっさと党首を決めることが自民党の国民に対する責務だと思いますよ。ちなみに,党の内部事情によって国会を空転させて党総裁選挙を実施することに対して,党幹部や総裁選候補者から国民に対する正式な説明や謝罪は一切なかったと記憶しています。

 「小泉チルドレン」と呼ばれているグループの議員が,小泉氏に総裁選立候補を働きかけていた際,「国の非常事態だから必死なんですっ!」と叫ぶシーンが放映されていましたが,「国の」非常事態じゃなくて「自民党の」だろ? とツッコミたくなりました。一政党の問題と国の問題をごっちゃにして,「非常事態」を一般人に押しつけないで欲しいものです。

 ということで,頻繁にマスコミに露出している総裁選候補者ですが,総理大臣になるという仮定で,総理大臣としての施政方針を述べるのならまだしも,たとえば16日夕方のニュース番組で,キャスターから「解散総選挙の時期は?」と聞かれて,福田氏は「総理になったという仮定での質問には答えられない」というようなコメントをしていました。あくまで総裁選であり「総理大臣指名は別」という考えみたいですが,それはそれでいいとして,だとしたら,こんな番組には公共の電波を使って放送するような「公共性」はあんまりないと言えるでしょう。特に「不偏不党」であるべきNHKが,他の党の党首選挙と「扱い」が明らかに違うのも理解できません。

 それにしても,なんで2候補とも解散総選挙の実施を明言しないのか,不思議です。やるともやらないとも言っていませんが,「その気」がまったくないのは見え見えです。政策が前内閣(というより,総選挙を実施した小泉内閣)と全く同じなら不要かも知れませんが,自分なりの政策を掲げるなら,党首に選ばれた後で速やかに解散総選挙を実施して,有権者の信を問うのがスジだと思いますよ。それに,たとえ誰が党首になっても,最初は支持率が高く,だんだん下がっていくのがフツーのパターン。党首が交代した直後に総選挙を実施することが,その党にとっても最善だと思いますけどね。

【補足】国会会期中ということで気を使ってか,街頭演説は休日しか実施していなかったらしいので,いちおう補足しておきます。(2007.9.23)

|

« 映画の著作権 | トップページ | 名前の読み方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/16470427

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党総裁選挙:

« 映画の著作権 | トップページ | 名前の読み方 »