« いろんな弁護士 | トップページ | 映画の著作権 »

2007年9月15日 (土)

首相の辞任

 ここ数日は日本中が騒然とした感がありますが,ちょっと落ち着いたところで,首相の辞任に関する僕なりの感想を。

 参院選が終わって,内閣を改造して,臨時国会が始まって所信表明を済ませ,「これから論戦スタート!」というタイミングでの辞任は,多くの人が言っているように,たしかに「最悪のタイミング」でしたね。政治とは直接関係のない一般社会でも,精神的に耐えられずに突然逃げ出して引きこもってしまう人に出くわしたり,そういう話を耳にしたりしたことが何度もありますが,そういう場合のタイミングというのは,必ずこういう「最悪のタイミング」です。

 「その器」じゃない人が務めたために,重責に堪えられずに潰れてしまうというのは,一般社会ではよくあることなんですが,総理大臣でもそれと同じような事例が発生しただけのことで,たとえ総理大臣といえども,結局は精神的に強靱でなければこうなってしまうということなんでしょう。入院前の首相は,「テロ特措法が延長できなければ辞める」と言ったり,辞任会見での辞任理由が全然理由になってなかったり,たしかに「ちょっとオカシイ」支離滅裂な発言が目立ちました。やっぱり明らかに「ビョーキ」だったと思いますよ。自殺したりしなかったのが,せめてもの救いかも。

 ということで,「不向き」なのに首相に選ばれてしまったという点では,首相には同情しますが,一般社会の場合,ストレスで潰れるぐらいに重要な立場に置かれる人は,たいていが「断われない」「仕事を選べない」という状況だと思います。そういう人たちに比べれば,党の総裁というのは少なくとも自分から立候補しない限りは選ばれることはないわけで,一般人に比べればはるかに「断わりやすい立場」であったはずです。それとも,ひょっとして,自分では「向いてない」ことに気づいてなかったんでしょうか。

 それにしても,失言や不祥事や病気によって,これまで多くの大臣が辞任していますが,国会議員を辞める人は皆無。要職にさえ就かなければ,国会議員って病人でも誰でも務まるということなんですね。高給にもかかわらず,よほど楽な仕事なんでしょうか。うらやましい限りです。

 ところで,自民党の後継総裁選び。「マンガが愛読書」と言われている麻生氏が優勢と伝えられてマンガ関連株が急騰したと思ったら,麻生氏劣勢が伝えられるとこんどはマンガ関連株が急落したというのは,まるでマンガを見ているようで笑えます。投資家の行動ってホントわかりやすくて面白い。

 そして,「小泉チルドレン」と呼ばれている議員の行動というのも,なかなか面白い。当の小泉氏は福田氏を推して「自分は出ない」と言っているのに,いつまでも「小泉離れ」ができないのは情けないし,そもそも,小泉氏を推しているのは,結局は自分たちの保身のためというのが見え見えで,なんとも見苦しいです。

 最終的に,自民党の後継総裁選び(=実質的に総理大臣選び)に関しては,福田氏が優勢らしいですが,一国の総理大臣が一政党の派閥の力で決まってしまうというのは,毎度のことながら,ばかばかしくて悲しいものです。

|

« いろんな弁護士 | トップページ | 映画の著作権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/16450752

この記事へのトラックバック一覧です: 首相の辞任:

« いろんな弁護士 | トップページ | 映画の著作権 »