« がけ崩れ予測 | トップページ | 阪神甲子園球場 »

2007年8月18日 (土)

前方不注意

 帰省ラッシュの12日,愛知県岡崎市の東名高速下り線で,渋滞中の車列に大型バスが追突し,追突された車に乗っていた2人が死亡。事故処理のため,下り線は約4時間にわたって通行止めに。14日には,山梨県上野原市の中央高速上り線で,Uターンラッシュの渋滞で止まっていた車に乗用車が追突し,乗用車を運転していた男性らが重傷。

 帰省・Uターンに高速道路をよく利用する僕としては,他人事じゃない事故ですが,事故で高速道路が閉鎖されたような場合,事故現場の後部のクルマはどうなるんでしょう。長時間高速道から抜け出せないわけですよね。事故も怖いけど,それよりも長時間渋滞から脱出できないことの方が恐ろしいです。

 渋滞に突っ込む玉突き事故の場合,原因は基本的に「前方不注意」ということでしょう。僕の経験でも,他人の運転に同乗して助手席などに座っていると,前方をしっかり見ない人(前方から時々目をそらす人)の運転って,見ていて本当にコワイです。後ろからの追突事故の場合には,追突した方のクルマが負け(加害者)になるのと同様に,どんなケースでも,基本的に前方不注意のクルマが加害者。後ろを見ていなくて事故になっても,ほとんどのケースは加害事故にはならないと思います(急な進路変更などは論外として)。このため,運転する時には90%以上は前方に注意を払うべきでしょう。

 そういう僕も,高速走行中は「前方注意4割,後方注意3割,スピードメーター確認3割」のような運転になりがち。また,前のクルマが突然停まることは想像できないので,他の多くのクルマと同様に,車間距離もついつい短めになります。高速での事故の危険性を考えると,今さらながら,十分な車間距離を空けることと(特に,見通しの悪い大型車の後ろ),前方に細心の注意を払うことが必要だと自戒します。

 ということで,19日はUターンの帰路につく予定。無事に戻れたらまたブログ再開します。

|

« がけ崩れ予測 | トップページ | 阪神甲子園球場 »

コメント

この猛暑ではエアコンも使わないわけにいかないだろうし、渋滞でじっと待ってる状態というのは拷問ですね。ガソリン代も高いし、疲れますよねえ。
そうやってほとんど動けない状態でも、高速代って取るんですか? 踏んだりけったりですね。
ガソリン代と待機分、カネ払え! 水と弁当配れ! っていいたいでしょうね。

昔、特急電車(今はない寝台車)が2時間だか遅れたときは、特急料金を払い戻ししてもらったものでしたが…。

投稿: dashi | 2007年8月18日 (土) 09時29分

 動けない状態で取るのは「高速代」じゃなくて「拘束代」かも。
 2時間遅延でJR特急料金払い戻しというのは今でもありますよ。これを高速道路に適用したら,首都高速なんてほとんどいつもタダになるでしょうね。

投稿: かば | 2007年8月18日 (土) 09時51分

運転気をつけて・・

無事で居てね。

投稿: alice | 2007年8月21日 (火) 21時48分

 はい,ありがとーございます。無事戻ってきています。

投稿: かば | 2007年8月21日 (火) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/16151342

この記事へのトラックバック一覧です: 前方不注意:

« がけ崩れ予測 | トップページ | 阪神甲子園球場 »