« お気に入りのペン | トップページ | 投票率はどうなる? »

2007年7月25日 (水)

応援演説

 ちょっと前の新聞に出ていた記事ですが,自民党の参院選の応援演説では,麻生外相と小池防衛相の2人が引っ張りだことか。一方で,柳沢厚生労働相と赤城農林水産相にはなかなかお呼びがかからないらしい。選挙の候補者って,なかなか現金なものです。

 そして,よく比較されるのが,小泉前総裁と安倍総裁の演説。小泉氏の演説というのは,人を引きつける巧みな話術と力強さがあると言われています。これは天性の素質でしょう。ただ,一方的に話す演説と違って,総理時代の国会答弁や記者質問の応答を聞いていると,イマイチ外したような回答が多く,総理就任当初は「聞かれていることが理解できないバカか?」と思ったりしたものですが,どうもそうではなさそう。巧みに相手をはぐらかす,抜群の才能の持ち主なんだと思います。結局は,それ以上にきちんと突っ込めなかった野党議員やマスコミがだらしなかったということでしょうね。

 安倍総理は,選挙前にせっせと党首討論会などのテレビ番組に出演していたみたいですが,印象はイマイチだったみたいですね(僕は見ていないのでわかりませんが)。そういえば,小泉氏はそういった討論会のような番組にはほとんど出なかったと記憶しています。このあたりも,ボロが出ないようにという,巧みな戦術だったんでしょう。

 そもそも,こういった討論会を実施した場合,どの政党であっても,政権を担っている政党の方が圧倒的に不利というものでしょう。政治に限らず,世の中全般において,実行する立場と批判する立場では批判する立場の方が圧倒的に優位に立てるものです。それを知ってか知らずか,元々口下手な安倍さんが選挙前に積極的にテレビに出ていたというのは,完璧に作戦負けだと思いますよ。しかも,野党から責められると逆ギレして野党の批判をするクセがあるとかで,この人はあんまり討論には向いていないみたいです。というより,政治家にはあまり向いてないのかも。

 ところで,小泉氏が21日の大阪府の演説会で「めくら」という差別用語を使ったということが報じられていました。今どき「めくら」ということばが自然に出てくることには驚きますが,すぐに自分で気づいて訂正したということだし,まあいいでしょう。また,安倍氏は23日の長崎市内の街頭演説で,「改革実行力があるのは自民党と民主党です!」と,公明党を「民主党」と言い間違える失態を演じたとか。これもすぐに気づいて訂正したらしいですが,ちょっとした言い間違いがあるとすぐに大々的に報道されるし,党首クラスになると演説するのも大変なんだと同情します(だったらここに書くなって? はい,すみません)。まあ,僕は,応援演説の内容で投票先を判断するようなことは絶対にないので,どうでもいいですが。

 さて,出張のため,ブログ更新は明日から2日ほど休止します。

|

« お気に入りのペン | トップページ | 投票率はどうなる? »

コメント

こんにちは。はじめまして。
ブログのタイトルに惹かれて来ました。
私はまだ選挙権がない未成年ですが、きちんと考えられる大人になりたいと改めて思いました。

投稿: クリア | 2007年7月28日 (土) 13時40分

 クリアさん,はじめまして。レス遅れてすみません。
 コメントありがとうございました。選挙権がない若い人からのコメントは初めてだと思うので,超嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

投稿: かば | 2007年7月30日 (月) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/15899088

この記事へのトラックバック一覧です: 応援演説:

« お気に入りのペン | トップページ | 投票率はどうなる? »