« いろんな発言 | トップページ | カンヌ映画祭 »

2007年6月 3日 (日)

無理じゃない?

 中国で,地元政府の「一人っ子政策」の違反取り締まりに住民が反発し,政府機関の建物を壊すなどの事件が相次いでいるとか。これは,2月に自治区が開いた会議で違反取り締まりの甘さが議題に上がり,名指しされた県政府が違反の取り締まりを一気に強化したためで,担当者が家に押しかけて罰金を取り立てたり,10年前に生まれた子どもにも罰金を科したり,家財や食べ物まで奪ったりするやり方に,住民が反発しているらしい。

 中国では,この「一人っ子政策」により,それなりに人口抑制効果が出ているらしいですが,罰金を払える高所得者は2人以上の子供を作ったり,片方の親が外国人の場合は規制適用外という「差別」問題もあったりするとか。また,男女の人口比が男性に偏ったり,無戸籍児が大量に出たりするなど,多くの問題が発生しているようで,この政策はやっぱり無理があるように思えます。少子化が問題になっている日本としては,ちょっぴり羨ましいですが。

 話は変わって,4月からJR東日本の列車が全面禁煙に。ところが,実際に列車に乗ってみると,3月まで喫煙車だった車両を無理やり禁煙車にしたため,その車両はタバコのニオイが染みついて取れない。長時間乗ってると気分が悪くなります。シートなどに染みついたニオイは,生のタバコの煙とは異なる,一種独特のイヤなニオイです。以前の「禁煙車」は快適だっただけに,4月以降に「元喫煙車の禁煙車」に乗ると最悪。ということで,僕の経験上,JR東日本の「全面禁煙」というのは,非喫煙者にとってはかなり迷惑。全面禁煙にするのはちょっと無理があったのかなという気がします。

 もうひとつ,京都のローカルネタ。京都市は,市中心部の四条通(川端通~烏丸通間約1.1キロ)を,片側2車線から1車線に減らしてマイカー通行を禁止し,公共交通機関だけが走れるようにする計画を発表。渋滞解消とともに,観光客らが歩きやすいように歩道を2倍に広げることが目的で,3年以内の実現を目指すとか。これに伴い,一般車両は四条通を南北に交差する8本の通りで四条通を横切ることもできなくなるらしい。

 現在の四条通の渋滞は深刻ですが,通勤や観光目的のマイカーがそんなにあるとは思えない。大半はバス・タクシーと商業目的のクルマだと思います。商業車の乗り入れが不可欠な四条通を通行禁止にすると大混乱するかも。渋滞解消や歩道拡張のためには,クルマを地下に走らせるなどの対策が必要で,単純に車線を減らして規制するというのはちょっと無理があるような気がします。いずれにしても,歩道を拡張するなら,あの無粋なアーケードはこの機会にぜひ撤去して欲しい。外野から言うのもなんですが。

|

« いろんな発言 | トップページ | カンヌ映画祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/15295136

この記事へのトラックバック一覧です: 無理じゃない?:

« いろんな発言 | トップページ | カンヌ映画祭 »