« 自己紹介(その2) | トップページ | どこまで許される? »

2007年6月10日 (日)

政府広報

 政府が「環境の日」の6月5日付の全国紙朝刊に,安倍首相夫妻をモデルに使って地球温暖化対策をアピールする全面広告を掲載したことに対し,民主党の末松議員が「夏の参院選を控え中立性を害している」と,環境省に抗議したとか。

 自然に目に入るような広告と違って,新聞の「全面広告」を僕はほとんど見ません。このため,こんな政府公報があったのには気がつきませんでした。たしかに,安倍氏は総理大臣という立場でありながら一政党の党首。選挙前や選挙期間に公費で「顔出し」するのがどこまで許されるのか,微妙な問題でしょう。

 でもまあ,今さらこの広告が自民党の集票に影響するとは思えないし,そんなに目くじらを立てなくてもいいと思いますよ。それよりも,莫大な広告費をかけて,この程度の内容を広報することにどの程度効果があるのかが疑問。この新聞広告よりも,広告に溢れた新聞紙面を削減した方が,よほど地球温暖化対策になるのでは? とツッコミたくなりました。ちなみに,この日の朝刊には,地球温暖化対策関連の全面広告が計6面もありました(朝日新聞東京本社版)。

 新聞広告の効果はさておき,この広告に出ていた安倍総理本人はともかく,一私人である安倍夫人が広告に出ていたのには違和感を覚えます。西欧諸国では,政府首脳が外遊したり演説したりする時に,夫婦同伴で行動するのはよく見る光景。でも,日本人の感覚としては,また「夫婦同伴で出張」なんてあり得ない一民間人の感覚としては,夫婦同伴での外遊やこの手の広告にはちょっと馴染めない。無理に西洋スタイルをマネしなくてもいいのにって思います。特に,前任の小泉総理が独身で,どこへも単身で行動するのが普通だっただけに,安倍夫人は「出しゃばりすぎ」感が強く,僕はどうも好きになれません。

|

« 自己紹介(その2) | トップページ | どこまで許される? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/15375215

この記事へのトラックバック一覧です: 政府広報:

« 自己紹介(その2) | トップページ | どこまで許される? »