« タクシー全面禁煙化 | トップページ | 昭和天皇発言 »

2007年5月 6日 (日)

野球特待生

 茨城県のローカルネタですが,関東地区高校野球茨城県大会の準決勝が4日に行われ,野球特待生13人をメンバーから外した常総学院が1対11で5回コールド負け。かの常総学院でも,特待生を外すとこういう結果なんですね。甲子園で開催される高校野球全国大会が,いかに「特待生まみれ」かということが想像できます。

 厳しい言い方をすれば,全国高校野球大会って「特待生まみれ」=「カネまみれ」と言えるでしょう。にもかかわらず,この大会を純粋なアマチュア・スポーツとして持ち上げ,出場校のチームや選手を特別扱いし,それを煽っているマスコミや,一部の熱狂的ファンにはちょっと付いていけないです。ファンが熱中するのはもちろんファンの勝手ですが,公正中立な報道をすべきマスコミの「高校野球偏向報道」は許せません。僕がNHK受信料を払っていない理由はたくさんありますが,NHKの高校野球に対する偏った報道も不払い理由の一つです。他の高校スポーツと比べて,その扱い方があまりにも違いすぎます。

 日本高校野球連盟は,日本学生野球憲章が禁じている「野球特待生制度」を実施していた382校に対し,当該部員の5月中の対外試合出場禁止と部長交代という処分。また,現在の野球特待生は解約する必要があり,このため,「他のスポーツと同様に野球も特待生を認めてもいいのでは?」「なんの罪もない子供がかわいそう」みたいな意見を耳にします。でも,特待生の学費を他の一般生徒が負担しているという現実があり,僕はどちらかというと「なんの罪もない一般生徒がかわいそう」「他のスポーツも一律に禁止した方が公平では?」という感覚です。もっとも,私立高校であり,一般生徒は特待生の学費を負担することを承知の上で入学しているわけで,その意味では「一般生徒がかわいそう」という表現は不適かも知れませんが。

 でも,プロからスカウトされるような優秀な選手を持つ親の中には,プロに対して公然と金品を要求する人もいると聞きます。それが当然みたいに感覚の麻痺した選手や親も多いと思われ,それを助長しているのがこの特待制度なのかも。その意味で,「本来あるべき姿」に改革するいいチャンスかも知れません。もちろん,これまで見て見ぬふりしてきた関係者の責任は重いと思いますが。なお,経済的に困っている生徒を支援するための奨学制度は別問題であり,これはこれで必要でしょう。

|

« タクシー全面禁煙化 | トップページ | 昭和天皇発言 »

コメント

NHKが大枠をとるのはスポーツを越えた文化としての扱いをしているのでしょう。どこの国に、ハイスクールの生徒の大会に五万人の客を集める競技があるでしょうか。
ことは裏金であり、裏金に群がった野球で甘い汁を吸う人の問題であった筈です。甘い汁を吸う人たちが、どういう人種であるかはわからないが、汚れを嫌うとするならそっちを糾弾し、一掃しなければならないのに、現役の球児へ矛先が向いてしまった。

 可哀相なのは現役高校生であり、問題とすべきは高校野球自体に罪を被(かぶ)せてしまった人たちであり、その人たちの社会戦略である。球児や高校野球自体を悪く言う権利はどこにもない。

投稿: 鳴門 | 2007年5月17日 (木) 14時49分

 プロセミ化してしまった高校野球と,それにまつわる金の問題は深刻だと思います。そして,それを煽ったり,この大会を自社の宣伝に使用している新聞社など,マスコミの責任も重いでしょう。
 厳しい処分を下したと思ったら,ほんの数日後にそれを撤回した高野連にも笑えますが,結局はこの問題はうやむやになってしまうのかなと思います。
 僕は高校野球にスポーツとしての「面白さ」を感じないんですが,スポーツ以上の「文化」と解釈する人もいるということですね。なるほどです。
 コメントありがとうございました。

投稿: かば | 2007年5月19日 (土) 02時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/14966885

この記事へのトラックバック一覧です: 野球特待生:

« タクシー全面禁煙化 | トップページ | 昭和天皇発言 »