« トイレのこと | トップページ | 最近の「笑えるニュース」 »

2007年5月16日 (水)

高校生の意識

 半月ほど前の新聞に出ていたんですが,昨年10~12月に,日米中韓の高校生千数百人ずつを対象に行われた意識調査の結果,「偉くなること」についての質問で,他国では「能力を発揮できる」「尊敬される」といった肯定的なイメージを持つ生徒が多いのに対し,日本では「責任が重くなる」が79%と圧倒的多数。この結果,日本で「偉くなりたいと強く思う」は8%,他国では22~34%という結果。日本の高校生は安定志向が強く,「暮らしていける収入があればのんびりと暮らしていきたいと強く思う」は43%と,14~22%の他国を圧倒しているとか。

Photo_40
(グラフはasahi.comから転載)

 この「偉くなる」という意味の定義がはっきりしないという点で,この質問自体もイマイチですが,このアンケート結果を見ると,日本の高校生って,ほとんど大人とおんなじ意識なのかと驚かされます。今の大人の社会では,「偉く」なっても報酬はあんまり変わらないし(時間単価にすれば逆に下がる場合もある),仕事はきつくなって責任も重くなる というケースが多いように思います。この点で,今の高校生は,大人の社会を的確に,鋭く見ているのかなと感心させられます。それにしても,どこからどうやってそう思うるようになるんでしょうね。不思議です。

 さて,出張のため,明日はブログ更新を休みます。では。

|

« トイレのこと | トップページ | 最近の「笑えるニュース」 »

コメント

こんちは。この「偉くなる」って確かに英語でなんと表現してるのか知りたいですね。
いずれにせよ、「偉くなれば給与が上がる国」と「偉くなっても増えるのは仕事量と責任だけという(給与は関係ない)国」とで比較すれば、そりゃーそーなるだろ?という気がします。
それに、中国や韓国のように経済発展途上の国=米国型競争概念を積極的に選択せざるをえない国と、その総本山の米国とだけ比較するグラフも不自然さを感じます。日本は先進国なのだから、米国および英仏独などと比較すべきだと思うんですけどね。
長くなってすみません。ではでは。

投稿: ちきりん | 2007年5月16日 (水) 20時12分

 こんにちは。
 たしかに,この質問が各国のことばでどういうニュアンスで出されているのかが不明。言語が異なる人に同じ質問で比較して,どこまで意味があるのか疑問ですね。
 それにしても,この日本の高校生の数値って,僕の感覚とぴったり合っているのが面白い。この歳になったらやっぱり「のんびりと暮らしていきたい」ですよ,そりゃ。

投稿: かば | 2007年5月19日 (土) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/15086899

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生の意識:

« トイレのこと | トップページ | 最近の「笑えるニュース」 »