« カプセル内視鏡 | トップページ | 高校生の意識 »

2007年5月15日 (火)

トイレのこと

 僕のおぼろげな記憶では,小学生の時の学校のトイレって,児童用も職員用も,男女別に分けられていなかったです。今では,公共のトイレは男女別に分かれているのが当たり前なので,ちょっと信じられないですが,そういうおおらかな時代だったんでしょうか。

 ところで,デパートや劇場のトイレなどでは,女性用のトイレだけが長蛇の列となっているのをよく見かけます。こういうのを見ると,つくづく自分は男に生まれてよかったなと思います(そんな大げさな)。

 女性用トイレの行列を見るにつけ,女性用をもっと増やせばいいのにと思ったりもしますが,一つのアイデアとして,単純に女性用トイレを増やすのではなく,男性でも女性でも使える「共用トイレ」を設置してはどうかと思います。もちろん今でも,障害者や赤ちゃん連れの人が使いやすいように,広いスペースを取った男女共用の「多目的トイレ」が設置されている場所がありますが,男女専用に比べて設置数は圧倒的に少ないです。

 ということで,公共のトイレは,男性用・女性用と同じぐらいの数の個室タイプの「共用トイレ」を設置することを提案します。女性用トイレが混雑しているような場合には,男女共用でも抵抗がない人は共用に並べばいいし,それ以外のケースとして,異性の幼児を連れた人がいっしょに入る場合とか,障害者の付き添いが異性の場合とか,あるいは性同一性障害の人が利用する場合とか,いろんな用途が考えられます。

 そういえば昔,ニューハーフの人に「どっちのトイレを利用するの?」って聞いたことがあります。その女性(?)は,「もちろん女性用よ~」って言ってました。もしフツーのおじさんが女装して女性トイレに入ったりしたら犯罪者扱いにされそうですが,ニューハーフの場合は許されるの? って疑問に思ったものです。こんな場合にも「共用トイレ」は役立つでしょうねー。

|

« カプセル内視鏡 | トップページ | 高校生の意識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/15075476

この記事へのトラックバック一覧です: トイレのこと:

« カプセル内視鏡 | トップページ | 高校生の意識 »