« メーカーの責任? | トップページ | 自転車のマナー »

2007年5月 9日 (水)

広告の効果

 コーヒーやジュースがタダになる自動販売機が6月に登場するらしい。これは,タッチパネル式の液晶画面を紙コップ自販機に設置し,客がパネルで飲料を選んで購入ボタンを押すと,紙コップに飲み物が注ぎ終わるまでの約30秒間,液晶画面に広告が流れ,同じ広告が印刷された紙コップが出てくるそうです。1回分の広告(紙コップ1つ)を広告主が70~80円で負担することで飲料代をタダにできるしくみらしいです。

 広告なんて見なきゃいいだけだし,たとえ広告付きでも,飲み物がタダになるというのは消費者にとってはありがたいし,僕は大歓迎。それにしても,飲み物1回分の広告料が70~80円というのは高すぎるような気がします。もし,この飲み物が爆発的に消費されたら,広告主は大赤字になるのかも。まあ,余計な心配かも知れませんが。

 消費者にもよると思うけど,この手の広告の効果って,僕はあんまり信じてないですね。たとえばネットに溢れているバナー広告。僕はホームページ上の広告用バナーをクリックしたことは過去にほとんどないです。ましてそれが商品の購入に繋がったということは絶対にありません。

 テレビのCMのように,イヤでも目や耳に入ってくる広告と違って,ネット上の広告のように,消費者が積極的に見に行く必要がある広告って,あんまり効果がないと思いますよ。ネットにこれだけ広告が溢れているのがホント不思議です。でも,広告のおかげでタダでいろんなネット上のサービスが受けられたり,飲み物がタダで飲めたり,消費者にとってはありがたいものです。でも,結局は回り回って消費者自身が負担していることになるんでしょうけどね。

 ところで,出張のため,2日ほどブログ更新を休止します。ではでは。

|

« メーカーの責任? | トップページ | 自転車のマナー »

コメント

あのですね。
ジュース一杯70~80円もしないと思うんですよ。せいぜい10円か20円くらいじゃないのかな。
「えっ、そんなに安いの!?」と言われないようにそう発表してるだけだと思います。
ヤクルトだって原価はびっくりするくらい安いらしい。(数円)
大部分は人件費や流通、ランニングコストだと思うので、大量に契約する場合はびっくりするくらい安いんでは?(一桁だと思う)
それにしてもいいアイディアですよね。早く普及してほしいなあ。

投稿: dashi | 2007年5月10日 (木) 11時33分

 この手の自販機って,機械は高価だけど材料の補充頻度が低いので人件費があまりかからない。おまけに代金収納も不要なので,おっしゃるとおり,原価はもっと安いのかもしれませんね。そう考えると「誰も損しない」面白いアイデアですね。

投稿: かば | 2007年5月11日 (金) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/15015852

この記事へのトラックバック一覧です: 広告の効果:

« メーカーの責任? | トップページ | 自転車のマナー »