« 広告の効果 | トップページ | サッカーくじに殺到 »

2007年5月12日 (土)

自転車のマナー

 昨日の朝の出勤前,何気なく見ていたテレビ番組で,自転車に乗る人のマナーの悪さや,歩道を走る自転車が歩行者にとっていかに危険かということが紹介されていました。この番組の中で,自転車に乗っている人に,この↓道路標識の意味を質問していたんですが,

Photo_1

なんと,この標識の意味がわからない人がいるんです。「自転車通行禁止?」とか「自転車は押して歩けって意味?」とか答えていました。

 この標識は,もちろん「歩行者・自転車専用道路」の意味で,自転車通行可能な歩道などに設置されています。クルマの運転免許を持っている人なら誰でもわかる標識ですが,自転車を乗っている人で知らない人がいるのには驚きです。だとすると,この標識のない一般歩道を自転車が通行できないことなんて,当然知らないわけですね。歩行者にとっては迷惑なことです。

 この番組では,「自転車は車道を走るのが基本だけど,車道を自転車が走るとクルマのドラーバーにとっては危険」みたいなことを言ってましたが,以前の記事にも書いたとおり,きちんと交通ルールを守った上で,自転車は車道を走るべきです。その方が絶対にクルマにとっても安全です。

 それにしても,こんな簡単な標識の意味さえ知らない人がいるということは,「自転車は車道を左側通行」なんていう基本的なことも知らないのかも。あと,自転車は路側帯を走っていいのかというようなことも,当然知らないんでしょうね。ちなみに,「白線1本」の路側帯と「白線と点線」の路側帯は自転車通行可能で,「白線2本」の路側帯は自転車通行不可です。これも運転免許を持っている人には常識なんですが。

 この他にも,自転車を運転する場合には,傘やケータイによる片手運転,携帯音楽プレーヤーを聞きながらの運転,無灯火,飲酒運転なども違反で罰則対象。また,前の補助椅子と後ろの補助椅子の両方に幼児を乗せるのは禁止で,補助椅子に幼児を一人乗せて一人を背中に背負った場合はOKとか。これは僕も知りませんでした。

 いずれにしても,自転車を運転する基本的なルールに関して,義務教育で教えるとか,自転車販売時にパンフレットを配布するとか,必要最低限の啓蒙は必要だと思いますよ。

 ところで,この番組の中のシーンで,ケータイをかけながら片手で自転車運転していた人が,警官に「ケータイかけながらの運転はダメ!」と注意された時,「かけたんじゃなくて,かかってきたから出ただけだ!」と反論していたのには笑えました。

 過去の関連記事:危険な自転車(2007年2月24日)

|

« 広告の効果 | トップページ | サッカーくじに殺到 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/15037326

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車のマナー:

« 広告の効果 | トップページ | サッカーくじに殺到 »