« 荷物番号「119」 | トップページ | 「美しい」基準 »

2007年4月15日 (日)

パネルの取り方

 あの児玉清さんが,パターン化した独特の「語り」とアクションで笑わせてくれる「児玉清ショー!」という番組があります。朝日放送(テレビ朝日系列)制作による番組で,日曜の午後に放映。別名を「パネルクイズ・アタック25」とも呼ぶらしいです。ん?

 「この番組はひょっとして,とんでもない欠陥クイズ番組?」ということを,かなり前の記事に書いたんですが,今日はこの番組が放映される日曜日で,ご覧になる方も多いと思うので,このあたりをもう少し詳しく書いてみます。

 4人の回答者(赤,白,緑,青)が,クイズに答えて5×5の25マスのパネルを取っていくという番組ですが,番組の中ではパネルの取り方のルール説明は一切ありません。クイズ番組でありながらルール説明が一切ないというのは,これだけの長寿番組だからこそなせるワザなんでしょうね。

 ということで,初めに,パネルの取り方のルールを説明すると,
(1) 他の色を挟めるパネルがあれば,挟める場所を選ばなければならない。
(2) それが無い場合,「その次の一手で挟めるような場所」を選ばなければならない。
(3) さらにそれが無い場合に限り,他のパネルと隣接した,好きなパネルが選べる。
・・・と,こんな感じのルールです。

 このパネルの取り方,オセロと同様に,いかに角(かど)を取るかが最重要。特に,最初の角を取るのに最大限の力を注ぐべきだと思います。角を取るということは,それに隣接したパネル(下の図の「×」の部分)をいかにして人に取らせるか(自分で取ってはダメ)ということに尽きるでしょう。

1

 ということで,まずは1問目。この時の児玉さんの定型文は「ペナルティーはありません」。1問目正解者のパネルは,必ず中央の13番に入ります。たとえば緑が入ったとしましょう↓

2

 2問目は,先ほどの「×」の部分はダメなので,8,12,14,18 のいずれかのパネルです。でも,ここでこのパネルを取ってしまうと,もし消えずに残った時に,角が取れるチャンスで角を取れなくなる可能性があるんです。たとえば,赤が8番のパネルを取ったとして↓

3

 その後の展開で,下の絵のようになり,最初の角を取るチャンスが来たとします。なお,この時の児玉さんの定型文は,「これから角を取る戦い!」みたいな。

4_3

 こうなると,この次に角の21番を取れるのは緑か青。赤はクイズに正解しても16番か20番を取る必要があり,しかも20番なんかを取ったらさらに角の25番を緑に与える可能性があります。その意味で,2問目は赤は絶対に答えてはいけないんです。白・青もおんなじ。緑にしても,2問目を答えると,その後のパネルの残り方次第では,不利になる可能性が大きいです。

 ということで,2問目に答えて有利になる人は誰もいない。なのに,誰かが必ず答えてくれるので,番組は進行します。不思議です。

 とりあえず番組が進んだとして,9問目が終了した時点で,たとえば下の絵のように,先ほどの「×」部分と角を残した「十字」の形になることが多いです。

5

 これから先,どうなるのかが重要です。まず,白がクイズに答えたとしましょう。そうすると,取れるパネルは2,4,22,24のいずれか。たとえば4番を取ると,パネルはこうなります↓

6

 こうなると,緑・赤・青 いずれにも角の5番を取るチャンスを与えることになります。この後でもし緑がクイズに正解したのに角を取らなかったりしたら,「なぜ角を取らん!」という定型文で児玉さんに怒られます。ということで,この局面では白は絶対にクイズに答えてはいけません。

 では,この「十字」の局面から,緑が答えた場合。取れるパネルは6,10,16,20のいずれか。10番を取ったとすると,パネルはこうなります↓

7

 やはり白・赤・青 いずれにも角の5番を取るチャンスを与えることになります。したがって,この局面では緑も絶対にクイズに答えてはいけません。

 それでは,この「十字」の局面から,パネルを持たない赤か青が答えた場合。取れるパネルは例の「×」部分のいずれか。たとえば赤が9番を取ったとすると,パネルはこうなります↓

8

 この場合は,白と青に角の5番を取るチャンスを与えることになります。また,青が4番を取ったような場合には↓

9_1

 となり,緑と赤に角の5番を取るチャンスを与えることになります。

 したがって,「十字」の局面になった場合には,すべての回答者が「クイズに答えるとかえって不利になる」ということ。つまり,回答者がこれを理解していたら,誰も答えなくなって番組が進まなくなるという可能性が極めて高い。これが,僕がこの番組を「ひょっとして欠陥番組?」と言っている理由なんです。ところが,この局面でも必ず誰かが答えてくれるので,番組は滞りなく進み,何十年も続く長寿番組になっているんです。これ,ホント不思議ですね。

 過去の関連記事:アタック25(2005年11月30日)

|

« 荷物番号「119」 | トップページ | 「美しい」基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/14681508

この記事へのトラックバック一覧です: パネルの取り方:

» 人それぞれを痛感・・ [Chikirinの日記]
ん〜、これは問題でしょう。長崎市長の狙撃事件。これはちょっとヤバイだろう、という気がします。 前に加藤さんの実家を焼き払った人がいたけど、あっちは「イカレたおやじ」って感じだったが、今回は「主張を暴力で実現」という構図がはっきりしてる感じだ。 警察はきちん... [続きを読む]

受信: 2007年4月18日 (水) 00時16分

« 荷物番号「119」 | トップページ | 「美しい」基準 »