« 掲載順序 | トップページ | ハンバーガー »

2007年3月18日 (日)

月光仮面の犯罪

 少年テレビドラマの元祖と言われているのが,昭和30年代に放映された「月光仮面」。この月光仮面の「バラダイ王国の秘宝」全21話が500円DVDで販売されています。このドラマの原作者は「おふくろさん」問題でお騒がせ中の川内康範氏で,放映は1958年から59年にかけて。さすがに僕もリアルタイムでは見ていないし,再放送の記憶もありません。でもやっぱり,この手のドラマって懐かしいです。

 この時代の少年ドラマはどれもそうなんですが,ストーリーは例によって支離滅裂。特に,毎週1話ずつ見るのと違って,DVDでまとめて見たような場合には,ストーリーの「おかしさ」が際だつという面もあるので,とりあえずストーリーに関しては目をつむりましょう。でも,「正義の味方」である月光仮面って,法律違反を犯して社会秩序を乱す,とんでもない人物なんです。

 ということで,このDVDを見て判明した,月光仮面による法律上の犯罪行為について挙げてみました。なお,ご存じでない方のために念のために紹介すると,下の写真が月光仮面氏の肖像。マスクとサングラスで素顔を隠しているのは正体がわからないようにするためであり,決して花粉症だからではありません。ちなみに,月光仮面のホントの正体は,大瀬康一氏扮する私立探偵「祝十郎」です。

Photo_32

 で,月光仮面の最も重大な犯罪は,ご存じ「銃刀法(銃砲刀剣類所持等取締法)」違反。街中でピストルを撃ち合うのはお馴染みの光景で,この当時は「私立探偵」と言われる人物もヘーキでピストルを所持していました。ホント恐ろしい時代です(笑)。それにしても,警察といっしょになって犯罪捜査をしたり,警察官に捜査の指示をしたりする私立探偵や月光仮面って,いったい何様?

 そして,何度も犯しているのが住居侵入罪。下の写真は敵のアジトに侵入していく場面ですが,捜査令状はありません。もっとも,令状があったとしても,民間人が侵入するのは不法行為ですが。

Photo_33

 道路交通法関連は多くの違法行為をしています。月光仮面氏の乗り物はオートバイなんですが,なにしろ「正体不明」であり,運転免許を正規に取得しているのかは疑わしい。無免許運転で摘発されないのが不思議です。もっとも,正体である「祝十郎」名で取得しているならいいのかな。

 さらに,神出鬼没であちこちに現われてはオートバイで去っていくので,当然「駐車違反」は犯しているでしょう。そしてヘルメット無し。もっとも,この時代は,二輪車に対する駐車禁止やヘルメット着用義務も無かったと思うので,この点は見逃しましょう。でも「バイク3人乗り」は当時でも「乗車定員オーバー」の違反になると思いますよ↓

3_3

 敵のクルマの車体にしがみついて乗るのも,道交法違反でしょうね↓

Photo_34

 ついでに,マントを翻してバイクに乗るのって,車輪にマントを巻き込みそうで超危険。見ていてハラハラします↓

Photo_35

 この他には,敵のクルマのカーラジオに月光仮面のテーマソングを流すシーンがありましたが,これは「電波法違反」ですね。テーマソングと言えば,「月光仮面の歌」という挿入歌があるんですが,これ「月の砂漠」のパクリと思えるような歌。これは「著作権法」違反か?

 ところで,第9話で建設中の東京タワーの映像を発見↓

1_3

 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」では,CGによる建設中の東京タワーが印象的でしたが,こちらはCGやセットでなく正真正銘のホンモノ。貴重です。それにしても,当時の東京タワーの周辺って,民家や森林だったんですね。驚きです↓

2_3

 ということで,この時代のヒーローの行為って,法律的にはむちゃくちゃ。でも,そんなの気にしないで単純に楽しめたという「古き良き時代」だったんでしょうか。それに比べて,近年のテレビドラマというのは,警察の捜査に介入してくる私立探偵なんていないし,警察官でさえ不用意に拳銃を発射することはない。さすがにこの点はしっかり作られていると感じます。

 それでも,細かい点で気になることはよくあります。たとえば,3月7日放映の「相棒」(テレビ朝日系,水谷豊主演)。殺人事件の犯人を突き止めた刑事が,本人の「自首」を導くために敢えて本人に言わずに黙っているんですが,しきりに「自首」ということばが使われていました。本来の「自首」は,事件そのものが発覚していない場合に使うことばだそうです。一般人はともかく,プロの警察官が使うのは不適だと感じました。

 また,3月10日放映の「土曜ワイド劇場 隠蔽捜査」(テレビ朝日系,陣内孝則主演)。警察官が,自分の息子が麻薬所持していたことを知るんですが,父親は,苦しんだ末に息子に自首させるという下り。これが「人として正しい生き方」なのかも知れませんが,刑法105条では,親族である息子の犯罪を隠したり証拠隠滅したりしても,その父親の罪は問われないはず。これを知った上での筋書きなのかなと,ちょっと気になりました。う~~ん,どうも細かいことに突っ込みたくなります。やな性格?

|

« 掲載順序 | トップページ | ハンバーガー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/14297343

この記事へのトラックバック一覧です: 月光仮面の犯罪:

« 掲載順序 | トップページ | ハンバーガー »