« 領収書の効力 | トップページ | 報告すると面倒 »

2007年3月 1日 (木)

近鉄京都店

 今日は京都のローカルな話題。前身の百貨店から通算して87年間営業していた近鉄百貨店京都店が,2月28日で閉店したとか。

 この近鉄百貨店,1920年に「京都物産館」として開業し,1931年からは「丸物百貨店」に名前を変え,1977年に近鉄グループの傘下に入ったそうです。京都で生まれ育った僕にとっては,ここは「近鉄」でなく「丸物」として思い出深いデパートです。「マルブツ」という響きが,とても懐かしいです。

 このデパートの子供時代の思い出というのは,正月にオモチャをよく買いに行ったこと。当時京都にあった2大デパートは大丸と高島屋でしたが,どちらも正月三が日は必ず休業していました。ところが,この「丸物」だけは1月2日から営業。このため,お年玉をもらった子供が大勢,「丸物」のオモチャ売り場に出向いたものです。今やほとんどのデパートは年末年始も無休。当時は「かき入れ時」の年始にデパートが休業するという,おおらかな時代だったなと,つくづく思います。

 ということで,オモチャを買いに行ったぐらいしか思い出のないデパートなんですが,近鉄京都店の閉店は,やっぱり寂しいです。代わって跡地に開店するのがヨドバシカメラなんですね。京都駅前はますます「東京化」していくんでしょうか。

|

« 領収書の効力 | トップページ | 報告すると面倒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/14084123

この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄京都店:

« 領収書の効力 | トップページ | 報告すると面倒 »