« 記事の盗用 | トップページ | ノーベル賞と寿命 »

2007年2月 4日 (日)

政治家の表現

 産む機械・・・うっかり妊娠させてしまった女性に対して「産む気かい?」って聞いたら「産む機械」と聞き間違えられそうなほど有名なフレーズになってしまい,「そのまんま」と並んで早くも今年の流行語大賞候補ナンバーワンでしょうか。それはともかく,柳沢厚生労働相の発言のごく一部分を捉えて野党が審議拒否した結果,野党が欠席のまま補正予算案が衆院を通過しました。補正予算審議よりも厚生労働相の辞任要求を優先させるという野党の行動,ちょっと僕には理解できません。なんでも,4日の愛知県知事選と北九州市長選をにらんで,選挙が済むまではこの件で「妥協」せずに野党の存在感をアピールしたいとの思惑らしいですが,これ相当ズレていると思います。

 そもそも,この「失言」は地方選挙と全然関係ない話。しかも,「審議拒否までしなくても」というのが多くの国民の感覚だと思うのに,それにすら気づいてないようで,情けないです。なんだか4日の選挙の結果が見えてきました。

 このズレた感覚は,与党も似たようなもので,「これでは選挙に勝てない」として,一時は与党の中からも大臣の辞任を求める声がありましたよね。結局は選挙のことしか考えてないということなのか。ただ,ある日突然与党内は沈静化し,今では大臣を擁護することで一致しているようです。

 与党の姿勢が急に変化した理由は,安倍首相が大臣更迭の意思がないことを明らかにしたことと,首相自身も国会で謝罪したからだと言われています。こういうケースで首相が謝罪するのは異例らしいですが,首相の国会での答弁をニュースで聞いた記憶では,たしか「私からもお詫び申し上げたい」と言ってました(記憶違いだったらすみません)。つまり,「お詫びします」とは言ってません。「お詫びしたい」という「希望」を述べただけであって,実際には謝罪なんかしてません。「お詫び申し上げたい」という日本語表現はそう解釈するのがフツーでしょう。ま,このケースで安倍首相が謝罪すべきだったかどうかは別にして。

 どうもエライ政治家って,こういう表現を使うことが多い。なんか素直じゃないんですよね。このほかに政治家がよく使う有名な表現として,「遺憾に思います」なんてのもあります。これ,政治家自身や自分の配下の人間が不祥事などを起こした時などによく使われるんですが,「遺憾」というのは「残念」とか「気の毒」とかう意味であって,「謝罪」という意味はいっさいありません。なのに,謝罪すべきケースでよく使われるんです。

 ということで,政治家は謝るべきところでストレートに謝りたくないというのがミエミエです。それとも政治家は「遺憾」という意味を取り違えているとか? そもそも,「遺憾」なんてことば,政治家しか使わない用語ですよね。こんど僕が仕事でミスして上司に注意されたら,「遺憾に思います」って答えてみようかな。たぶん,ぶっ飛ばされるでしょうねー。

|

« 記事の盗用 | トップページ | ノーベル賞と寿命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/13779046

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の表現:

« 記事の盗用 | トップページ | ノーベル賞と寿命 »