« ノーベル賞と寿命 | トップページ | 気になったこと »

2007年2月 7日 (水)

少子化対策

 柳沢厚生労働相の「子ども2人以上が健全」発言,またまた波紋を広げていますが,それにもかかわらず,このタイミングに野党が国会審議に復帰して審議再開。ホント野党の行動は理解に苦しみます。「2月4日の選挙が終わったので審議に復帰」というのはミエミエ。正直にそう言えばいいのにって思います。

 この柳沢発言の是非はともかく,子供を産むか産まないか,産む場合に何人産むか,結婚するかしないかなどなど,人それぞれの考えがあってのことであり,政府は児童手当の乳幼児加算などの「少子化対策」を挙げていますが,これで「んじゃ,子供産もう!」ってなるほど単純なものではないと思います。

 そもそも,政府の進める「少子化対策」がなんで必要なのか,僕にはイマイチ理解できません。たとえば人口増加に悩む中国では子供は1人しか作れないらしいし,全地球的に見れば少子化問題よりも人口増加問題の方が深刻だと思います。その意味で,日本の「少子化」は,ある意味では理想的な姿にも見えます。特に日本の場合,仮にこれから子供が増えたとしても,将来は結局余剰労働力になるでしょう。そして,その世代がさらに高齢化したら,結局また高齢者問題に悩むということになる。つまり,「少子化対策」ではなく,永久に人口が増え続けなければならないというシステム自体を変えるべきだと思います。それに,今の日本は「少子化」が問題なのではなく,要するに「相対的に高齢者が多い」ということが問題なのだと理解しています。

 ということで,「少子化対策」ではなく,たとえば以下のような「高齢者対策」が必要なのではないでしょうか。
1.年金の支給期間は「定年退職後10年間」に限定する。
2.定年は55歳ぐらいに引き下げ,55歳以降はいつでも会社を辞められる(会社が認めればいつまでも働ける)ようにする。
3.定年退職後は,いつでも好きな時に「安楽死」を選べるようにする。

 人生どう生きるか,いつまで生きるかは,人それぞれの考え。長生きしたい人もいれば,若くて健康なうちに,苦しまずに,周囲に迷惑をかけずに,万全の準備をした上でポックリ死にたいという考えの人も多いと思います。眠っている間に苦しまずに静かに死ねるのって,ある意味で理想的な死に方であり,そう考える人にはそういう選択肢を用意するべきであり,ひいてはそれが窮極の「高齢者減らし対策」になると思います。

 ・・・ちょっとブラック・ジョークがきつかったかな?(でも半分はマジ)

|

« ノーベル賞と寿命 | トップページ | 気になったこと »

コメント

高齢者対策は基本的にかばさんに賛成。
子供の減少を心配するよりも老人の増加を止める方法を考えたほうが理にかなっていると思う。

投稿: PHENIX | 2007年2月 8日 (木) 14時53分

 産むのも産まないのも,生きるのも死ぬのも,個人の自由にしたいというのが,僕の昔からの願望です。
 でも,今の法律ではそれすら認められていないんです。

投稿: かば | 2007年2月 9日 (金) 00時15分

年金10年で打ち切りは老人虐待ですねえ。
私が思うのは、土いじりや家畜の世話をして半分ボケながら元気に1人暮らししている過疎の村の老人、ああいう人が都会の子どもを頼らなくても生きていける社会資源の充実です。
ただで診てもらえる診療所、ただで乗れるマイクロバス、巡回ヘルパー、ただか安~い食堂。
介護保険をうまく使えば、そういう制度は可能だと思う。
金があまりなくても暮らしていけたら、住み着く人も多いと思うんですよ。都会でテレビの番してるよりましだから。
老人向けの大規模なコロニーですね。野菜や卵ぐらいは自給できると思うし。有料老人ホームって高すぎるから(一般人は)入れないし、公費のホームは待たされるしね。
いくつになっても、自分から死ぬのは嫌だと思いますよ。

投稿: dashi | 2007年2月 9日 (金) 17時45分

 「年金打ち切り」の件ですが,支給開始年令をどんどん引き上げていくよりも(将来は支給開始が70歳になるかも),支給期間を限定してでも定年後すぐに支給開始する方が,よほど「高齢者に優しい」と思っています。
 高齢者になった時,何を生き甲斐にしていくかは人それぞれであり,望む人にはそれなりの環境を提供すべきとは思います。福祉財政や介護保険で実現できる範囲で。

投稿: かば | 2007年2月 9日 (金) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/13826559

この記事へのトラックバック一覧です: 少子化対策:

« ノーベル賞と寿命 | トップページ | 気になったこと »