« 都知事選と東京マラソン | トップページ | あじの開き »

2007年2月20日 (火)

青春18きっぷ

 JR全線の各停と快速列車が乗り放題になる「青春18きっぷ」。利用したことのある人も多いと思いますが,JRでは,今年4月のJR発足20周年を記念し,この「青春18きっぷ」を通常より3,500円安い8,000円(5日間または5人で使用可能)で発売するとか。春の利用期間は3月1日から4月10日まで。

 この「青春18きっぷ」は,そのネーミングのとおり,元々は「お金のない若い人向け」の商品だったらしいですが,もちろん年令による利用制限はなく,おじさん・おばさんでも誰でも利用できます。僕も昔,茨城県から京都まで帰省する時に一度だけ使ったことがあります。近年は長距離の普通列車が少なくなったため,細切れに乗り継ぐ必要があり,列車を8回ぐらい乗り継いで,12時間ほどかけて帰省しました。さすがに疲れましたが,片道一人2,300円という安さは超魅力ですね。

 JR東日本によると,このきっぷの利用者は,ネーミングに反して60歳代が約2割で,40歳以上が半数を超えているとか。たしかにこのネーミングはイマイチで,駅の窓口で「青春18きっぷ!」と声に出して買うのは,レジの女性店員にアダルト雑誌を差し出すのとおんなじぐらい恥ずかしい。「熟年48きっぷ」ぐらいのネーミングにして欲しいものです。

 それにしても,発売価格が8,000円ということは,1枚あたり1,600円。近場へ出かけるときでも,片道800円以上の駅を往復する場合には「青春18きっぷ」の方がオトクってことですね。これ,特に快速電車が発達している都市部では有効に使えそうです。たとえば,東京から東海道線方面だと,大船より西へ行く場合はトクになります。大阪からだと,西明石でもトクになる計算。日帰りで近場へ出張するサラリーマンでも使えそうですね。この期間に近くへの出張があったら,僕も一度使ってみようかと思います。もっとも,5回分使い切らないとかえって高くついてしまう可能性はありますが。

|

« 都知事選と東京マラソン | トップページ | あじの開き »

コメント

青春18きっぷ、使ってみたいなと思いながら、まだ使ったことがありません。
専門の雑誌もあるようですから、参考にしつつ今度こそ旅に出てみるかな。。。

投稿: 麻布専太郎 | 2007年2月20日 (火) 02時19分

 そうそう,いろんな本が出てますよね。ローカル線の鈍行の旅というのも楽しいものです。
 僕もいずれは「18きっぷで日本一周」をやってみたいと思ってます。

投稿: かば | 2007年2月20日 (火) 22時28分

 「18切符」と、青春を略して言えば、ノープロブレムですよ!
 今年の年末年始には、2枚、使い切りました。もちろん、一人では無理で、家族同行でですが。

 春は3500円安ですか!やったー!


 

投稿: ごんべい | 2007年2月21日 (水) 23時18分

 でも,うっかり「48きっぷ」とか言ってしまいそうで・・・
 プライベートでも出張でも,僕はいつもいかにJRを安く利用するかに腐心しているんですが,この「18きっぷ」の安さには勝てません。なるべく利用したいものです。

投稿: かば | 2007年2月22日 (木) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/13979548

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷ:

» TOYOTA BIGAIR2007動画:スノーボードW杯制したのは16歳! [【一撃】ニュース道場!押忍っ!]
この大会はW杯ですが強豪選手はあまり参加してなかったのでしょうか?あまりよく分からないので何とも言えないですが・・・。スノーボードといえば、毎年若い選手が出てきますね?!それだけ、若い人向けのスポーツなんでしょうが。今回の優勝した青野くんも16歳。雪国出身でなく愛媛県ですよ。あまり雪は積もる事は無いと思いますが、一体どこで練習をしてたんでしょう。次のバンクーバーのオリンピックでは�... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 23時32分

« 都知事選と東京マラソン | トップページ | あじの開き »