« 東京モノレール | トップページ | ヤラセと八百長問題 »

2007年1月23日 (火)

宮崎県知事選の結果

 地元県民が選んだ結果なので,外部の人間としてはどうこう言いませんが,官製談合知事に代わって逮捕・送検歴のある「お笑いタレント」という結果は強烈であり,面白すぎます。報道を見ていると,そのまんま東氏が無党派層を中心に圧倒的支持を受けたかのような印象を受けますが,あくまで「相対1位」であって,得票率では約44%と半数未満。もし自民が分裂選挙にならなかったら,違う選挙結果になっていたでしょう。この結果に対して県民の反応はさまざまで,「信用できない」という声がある一方で,「宮崎の知名度を上げ,立て直して欲しい」との声も。

 談合事件で宮崎の知名度は十分上がったじゃん! とは思いますが,たしかに,東日本の人間にとっては,宮崎県って「宮城県」ほどの認知度はないように思えます。僕自身は仕事の関係で宮崎県とはけっこう縁が深いんですが,信じられないことに,社内で「宮崎県」って言っても,「宮城県」のことと勘違いしたり聞き間違ったりする人がけっこう多いんです。いい歳したオトナがですよ!

 その意味で,「候補者の知名度だけで投票した」という有権者は論外としても,県の知名度を上げたいという思いで投票した人がいたとしたら,なんとなくその気持ちはわかります。

 ところで,芸名とはいえ,苗字は「そのまんま」なの? 「東」なの? っていうのが前々から気になってしようがないんですが,知事就任後は東国原英夫(ひがしこくばる ひでお)という,「原」を「ばる」と読む,いかにも宮崎っぽい本名で執務するとのことなので,この点は安心しました。氏はさっそく「公用車を廃止する」とか「知事室の椅子はパイプいすみたいなのでいい」とか,色々発言していますが,そんな「外見」よりも,県政の「中身」の改革が今後どうなるのか,注目したいところです。

|

« 東京モノレール | トップページ | ヤラセと八百長問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/13624488

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県知事選の結果:

» 主な話題 [主な話題|主な役立つ話題]
談合事件で宮崎の前知事の辞職に伴う、出直し選挙が話題になっていました。 特に話題... [続きを読む]

受信: 2007年2月 1日 (木) 01時43分

« 東京モノレール | トップページ | ヤラセと八百長問題 »