« テレビゲーム | トップページ | 生放送 »

2007年1月 3日 (水)

武士の一分

 映画「武士の一分(いちぶん)」を見てきました。「木村拓哉主演の時代劇」って聞くと,なんとなく拒絶反応。演出が山田洋次監督じゃなかったら,たぶん見に行かなかったでしょう。山田洋次監督は近年は時代劇を撮り続けていて,これが3作目らしいですが,僕が見たのはこれが初めて。山田監督と聞くと「男はつらいよ」のイメージが抜けず,こんな時代劇も撮ってるんだということに対して「ふ~~ん」でした。ちなみに,「男はつらいよ」シリーズは何作か見ていますが,あの「保守的な笑い」というか「頑固なワンパターンさ」が,僕はけっこう好きでしたね。

 で,この「武士の一分」は,キムタクがバラエティ番組やCMなどで見せる「いつもの顔」を時代劇の中でも見せていましたが,もちろんこの映画はコメディーではないし,なんとなく中途半端に感じました。それに,この映画のテーマは「武士の一分(面目?)」なんですが,このテーマへのインパクトも少なかったです。「毒味役」という「時代劇ならでは」の設定は面白かったですが,このストーリーなら必ずしも時代劇じゃなくてもいいような気もします。

 キムタクの演技には違和感なかったけど,キムタクでなくても,もっとぴったりハマる役者がいたと思いますが,脇役の笹野高史さんや桃井かおりさんが,なかなか「いい味」を出していましたね。ということで,ヘンな派手さもなく,そこそこ楽しめる映画だったというのが僕の感想です。

|

« テレビゲーム | トップページ | 生放送 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/13313736

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分:

« テレビゲーム | トップページ | 生放送 »