« ハイビジョンテレビ | トップページ | これって詐欺? »

2007年1月19日 (金)

ファーストクラス料金

 日本航空(JAL)は,国内線に今年12月から導入予定のファーストクラスの座席を公開。座席の間隔を全日空(ANA)の「スーパーシートプレミアム」より30センチ以上広く空け,本革製シートで高級感を出したらしい。写真はこちら(asahi.comより)↓

Photo_23

 写真を見る限り,たしかに高級感いっぱいで,リクライニングを倒したらホント気持ちよさそうです。このファーストクラス座席は,羽田と大阪・札幌・福岡などを結ぶ幹線に設置し,価格は普通席より1万円程度高くするとか。

 航空運賃は,たとえば東京~大阪間の場合,早期購入などの割引を適用すると1万円を切る便もあり,ファーストクラス料金の1万円というのはちょっと高い気がします。そもそも,東京~大阪間の運航時間は1時間10分しかありません。ファーストクラス料金は,時間にすると,10分間座っているだけで約1,400円。自腹じゃとても出せる金額じゃないですね。それに,離着陸時はリクライニングもできない。リクライニングできない時間を約30分間とすると,リクライニングできるのはたった40分間。10分あたりで2,500円です。ま,ファーストクラスは,こういう計算を全く必要としない裕福な人が利用するためのものなので,どーでもいいんですが。

 ビンボー人の僕としては,飛行機のスーパーシートにしても,JRのグリーン車にしても,もし座った時はなるべく長く座っていたいと思います。たとえば,東京~新大阪間の新幹線グリーン料金は5,150円で,所要時間は「のぞみ」だと約2時間40分。それと比べても,JALのファーストクラスは相当「割高」ですね。さらに,JRのグリーン料金の場合,新幹線も在来線特急も,同じ距離なら同じ料金。でも,同じ距離でも,乗っている時間は新幹線だと在来線の半分以下。これもまた理不尽です。「スピード」に対する対価の特急料金は距離制でいいとして,「快適さ」に対する対価のグリーン料金は,やっぱり時間制にするのが理にかなっているでしょう。新幹線のグリーン料金は在来線の半額程度にすべきだと思いますよ。

 過去の関連記事:ファーストクラス(2007年1月5日)

|

« ハイビジョンテレビ | トップページ | これって詐欺? »

コメント

こんちは。このファーストクラスは、一万円上乗せでの「販売」目的ではなく、「販促ツール」として作ったんではないかなと思います。東京・大阪なんて毎週2回往復しています、というビジネスマンが多そう。こういう優良顧客に「無料アップグレード券」をばらまくと、他社(ANA)に逃げないのでは?と思ったとか・・

ところで、ちきりん新幹線以外のグリーンって乗ったことないんです。料金が一緒というのも知らなかったです。なるほどです。

ではでは

投稿: ちきりん | 2007年1月19日 (金) 19時34分

 反則ルール,じゃない,販促ツールなんですね,なるほど。
 もし,ちきりんさんが「無料アップグレード券」を手に入れたら,ぜひぜひ譲ってください~!

投稿: かば | 2007年1月19日 (金) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/13569518

この記事へのトラックバック一覧です: ファーストクラス料金:

« ハイビジョンテレビ | トップページ | これって詐欺? »