« 白鳥の飛来地 | トップページ | 年末に死刑執行 »

2006年12月30日 (土)

変換ミスコンテスト

 日本漢字能力検定協会が,コンピューターによる漢字変換ミスの面白さを競う「漢字変換ミスコンテスト」の結果を発表したとか。どーでもいいような企画なんですが,ミス・ユニバースやミス日本などの「ミスコンテスト」と引っかけた名称が面白い。

 このコンテストの「最優秀賞」は下記。
   「遅れてすいません。回答案です」
      ↓
   「遅れてすいません。怪盗アンデス」

 そして,これ以外の主なベスト作品は以下のとおり。
   「お客様用トイレ」
      ↓
   「お客彷徨(さまよ)うトイレ」

   「それは会社の方針とのこと,正しいようです」
      ↓
   「それは会社の方針とのこと,但し異様です」

   「ドアは鎖かけてるから大丈夫」
      ↓
   「ドアは腐りかけてるから大丈夫」

 ちなみに,これらを僕のパソコンでやってみたら,以下のようになりました。
   回答案です(ATOK),回答アンデス(IME)
   お客様用と入れ(ATOK),お客さまようトイレ(IME)
   それは会社の方針とのこと,正しいようです(ATOK,IME)
   ドアは腐りかけてるから大丈夫(ATOK,IME)

 「ドアは腐りかけてるから・・・」って,本来の文意と正反対のことを言っているので笑えます。やっぱりパソコンソフトには限界があるということなんでしょうね。協会も,パソコンに頼らず人間の漢字能力が重要だということを言いたかったのでしょう。

 僕もこれまでにいろんな「面白い変換」は経験していますが,フツーはすぐにきちんと変換し直すので,どんなのがあったか残りません。記憶に残っているもので面白かったのは,たとえば「安倍晋三氏」→「安倍心臓死」かな。いえ,安倍さんにはぜひ長生きして,「美しい日本」を実現していただきたいですが・・・

|

« 白鳥の飛来地 | トップページ | 年末に死刑執行 »

コメント

 もう30年近く前ですから、昔々・・・と言ってもいいでしょう。某社9801の出始めの頃、テラ3世とかいうワープロソフトがあり、その漢字変換ソフト、なんて言ったか忘れましたが、
 「きしゃのきしゃがきしゃできしゃした」が一発で変換できるなんてことをセールスポイントにしてました。あれは、辞書に登録してあっただけだと思いますが・・。いま、ATOKでやってみたら、ちゃんと出てびっくり。それにしても、汽車で・・っていうのが、いやはやなんとも。
 どっかのワープロ(専用機)はとうきょうとちよだくそとかんだ の変換が傑作でした。
 

投稿: ごんべい | 2006年12月31日 (日) 01時08分

 「きしゃのきしゃが・・・」は有名なイジワル変換例文ですが,今はこれがきちんと変換できるのが当り前になっていますね。でも,途中で読点を入れると正しく変換されません。たとえば「貴社の記者が,記者で,帰社した」みたいになります。どっちにしても,たしかに「汽車」って今は死語ですよね。
 「とうきょうとちよだくそとかんだ」の「傑作」ってどうなるんですか? ATOKでもIMEでも正しく変換されました。

投稿: かば | 2006年12月31日 (日) 01時27分

 まあ、昔話ですが、

 秋葉原で店員が、「お客さん、ここの住所入れてみますね! とうきょうとちよだくそとかんだ・・と入れて、変換っと」。

 ・・東京都千代田糞と間だ

 「ぼぎゃーー」。(“のだめ”語)

投稿: ごんべい | 2006年12月31日 (日) 19時30分

 ははは。はい,ありがとーございます。
 地名などの辞書が充実した分,最近の日本語変換はマトモになってきたってことですね。

投稿: かば | 2006年12月31日 (日) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/13262069

この記事へのトラックバック一覧です: 変換ミスコンテスト:

« 白鳥の飛来地 | トップページ | 年末に死刑執行 »