« 全面禁煙 | トップページ | 時間にルーズ »

2006年12月27日 (水)

性別検査

 先日のドーハ・アジア競技大会で,陸上「女子」800メートルで2位となったインドの選手が,性別判定検査で失格となったというニュースがありました。前代未聞のチン事ですね。でも,この選手,昨年韓国で行われたアジア陸上選手権の女子800メートルで2位となった際は性別検査を通っているというから,話がややこしい。いったい性別検査ってどうやって実施するのか知りませんが,まさかハダカにして調べるわけにもいかないんでしょう(そんなことしたら人権問題か)。いや,ハダカにしてもわからない場合もあるらしいし,そもそも「性別」って何なのか,考えさせられます。

 もし男性が女性に性転換手術をした場合でも,2年経てば女性の競技に出られるという話もあり(ホントかどうかは確認してません),そうなるとますますわけがわからない。「性別」とは何なのかという難しい問題はさておき,こういう事例があることを考えると,そもそもスポーツ競技を厳格に男女別に分けるのは無理があるのかなとも思えます。

 男女差を一切認めないような,行き過ぎたジェンダーフリーは論外だと思いますが,スポーツぐらいは男女分け隔て無く競うような「おおらかさ」があってもいいのかなと思います。でもそうなると,当然多くの競技の上位は男性が独占することにもなり,それはそれでいいとは思えない。う~~ん,どうあるべきなのか,よくわかりません。ただ言えることは,「女子フィギアスケート」みたいな「女性らしさ」や「美しさ」を競うような競技に男性が進出してくるのは,絶対イヤです。見たくありませんよね。

|

« 全面禁煙 | トップページ | 時間にルーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/13213987

この記事へのトラックバック一覧です: 性別検査:

« 全面禁煙 | トップページ | 時間にルーズ »