« ゴロ合わせ | トップページ | 異なる評決 »

2006年12月17日 (日)

ウィニー判決

 ファイル交換ソフトWinny(ウィニー)を開発・公開し,著作権法違反行為をまん延させたとして「著作権法違反ほう助」の罪に問われていた開発者(元東大大学院助手)に,罰金150万円の実刑判決。ウィニーを使って無許可で映画などをネットに流し,それが著作権法違反に問われた事件で,ウィニーの開発者は,この著作権法違反者とはまったく面識がないものの,この違法行為をほう助したということらしいです。

 この判決に対して,被告側は「新しい技術を開発することがなぜ罪になるのか」「開発者は,あらかじめ起こる影響をすべて予想してから公開しろというのか」「技術の価値は中立だと言いながら有罪というのはおかしい」などと反発して控訴。控訴は当然でしょうね。また,この判決により,問題となっているウィルス対策を施した改良版ウィニーが公開できなくなったそうで,その意味でも罪深い判決と言えます。

 この判決を受け,たとえば某新聞の社説は,「運転手がスピード違反をしたら,スピードの出るクルマを作った開発者が罰せられるのと同じで,理不尽な判決」と批判しています。まったく同感です。もっと言えば,飲酒運転をする人がいたら,酒類を製造・販売した人に「飲酒運転ほう助」が成立すると言ってるのと同じに聞こえます。

 レンタルCDやレンタルDVDを,MDやCD-RやDVD-Rにコピーする人がいますが,媒体の販売価格に著作権料が上乗せされているとはいえ,個人用途以外のコピーは著作権法違反になる筈です。でも,コピーできる機械(パソコンなど)の開発者がこれで摘発されたという話は聞きません。不法コピー可能なツールを開発しただけで罰するという今回の判決には相当無理があります。やるべきことは,コピーできないような(またはコピーしても著作物購入者以外は使用できないような)しくみを作ることでしょうね。

|

« ゴロ合わせ | トップページ | 異なる評決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/13094226

この記事へのトラックバック一覧です: ウィニー判決:

« ゴロ合わせ | トップページ | 異なる評決 »