« 人間ドック | トップページ | サイドブレーキ »

2006年11月30日 (木)

ちょっと恐いニュース

 2日前の「面白いニュース」に続き,今日はちょっとこわ~いニュースをいくつか。

11月14日:郵便ポスト,25日間回収し忘れ
 宇都宮市の郵便局が,25日間にわたって,市内にある郵便ポスト1カ所から郵便物を収集し忘れ,封書やはがき135通の配達が遅れていたことが判明。
 郵政民営化により僻地のポストが見捨てられる可能性を示唆するブラックジョークかと思いましたが,そうではなくて,これは都会の郵便局での話。担当局が変わった際の引継ぎ不徹底によるものだそうです。それにしても,25日間も収集が滞ったのに,たったの135通! このポスト,平均して1日にたった5通しか投函されてないってことです。郵便を出すという習慣が将来いずれ消えてなくなることを予感させる,ちょっと恐いニュースでした。

11月15日:立体駐車場から車転落,4人死亡
 山口県下関市のショッピングセンターの立体駐車場の2階から屋上へ上がる通路で,右に曲がるカーブを曲がらずに直進してガードパイプと高さ約2メートルの金網フェンスを突き破って約8メートル下の地面に転落し,乗っていた4人が死亡。
 このクルマには,70歳代の男女2人ずつ計4人が乗っていたとか。しかもRV車ってところが凄いです。う~~ん,最近のご老人って・・・

11月24日:ブッシュ米大統領の娘が盗難に
 ブエノスアイレスを「お忍び」で旅行中だったブッシュ米大統領の娘バーバラさんが,観光客が集まる地区のレストランで食事中に財布と携帯電話を盗まれたそうです。しかも,護衛が付いていたのに気づかなかったとか。
 米大統領の娘と知ってか知らずか,屈指の護衛が付いていたのに盗むとは,アルゼンチンの窃盗犯って凄いです。いくらブッシュ大統領でも,こんなことでまさかアルゼンチンに戦争をしかけたりしないと思いますけど・・・
 ちなみに日本でも,福岡県警の男性巡査部長が酒に酔って公園を歩いていたところ,男2人に襲われて現金約5万円を奪われたというニュースがありました。なかなか勇気ある窃盗犯ですね。

11月25日:搭乗前の祈りで尋問
 米ミネソタ州ミネアポリスの空港で,米国在住のイスラム教指導者6人が,搭乗前の夕刻の祈りをしていたところ,「不審な行動」を理由に出発直前の国内線の便から降ろされ,警察から数時間に及ぶ尋問を受けたというニュース。
 この6人の祈りや会話を聞いた乗客が不安になって乗務員に通報したとのこと。テロに対する過剰反応なんでしょう。アメリカってやっぱりちょっとコワイ国です。乗客も,航空会社も,政府も。

11月27日:警察が救出した女性,3時間後にまた転落
 神戸港で,岸壁から海に転落して救助された神戸市内の女性が,約3時間後にほぼ同じ場所から夫と車ごと海に落ち,意識不明の重体だとか。
 助かったのに,同じ場所で再度自殺を実行・・・死にたいと思う,この執念は凄いです。それだけ真剣に,本気になって生きるというのは難しいんでしょうか。

|

« 人間ドック | トップページ | サイドブレーキ »

コメント

私もちょっと怖い(?)ニュース

胎児のお腹に退治が入って産まれてきた例があるんですって・・チリで。。
不思議ですよね~

オフ会残念です。
またの機会にお会いしましょう♪

投稿: ALICE | 2006年11月30日 (木) 21時13分

 えええっ! そんなニュースあったんですか?「胎児のお腹に胎児」ですね(字が間違ってるよ~)。オカルト映画の世界みたい。
 もし「アルプスの少女」が妊娠したら,「ハイジのお腹に胎児」やね(ちょっと苦しい)。

投稿: かば | 2006年11月30日 (木) 23時10分

横入りで恐縮ですが、こういう話題ならしゃしゃり出ずにおれない(笑)。
下のサイトに詳しい話が載ってますよ。チリじゃないから別の話かもね。コメント欄もどうぞ。

http://yaplog.jp/kashin/archive/1482

投稿: dashi | 2006年12月 8日 (金) 17時56分

 う~~ん,恐いです。「胎児のお腹に胎児」の症例がいくつもあるというのは驚き。その胎児が育たなかったのは幸いでしょうね。

投稿: かば | 2006年12月 8日 (金) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/12874030

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと恐いニュース:

« 人間ドック | トップページ | サイドブレーキ »