« 乗り物酔い | トップページ | いじめ自殺 »

2006年11月 7日 (火)

米国の一州

 北朝鮮は,米中朝が再開で合意した6者協議について,「日本が参加しないのは歓迎。参加人数が少なくなると協議の効率も高まる」と述べ,日本の不参加を促したとか。さらに,「米国の一つの州に他ならない日本があえて地方代表として協議に参加する必要はない」とも。

 なかなか辛辣な発言ですが,いつも意味不明のことを言う国にしては,珍しくジョークの利いた発言。キューバあたりがよく使うジョークを彷彿とさせました・・・おっと,この北朝鮮の発言はジョークでなくマジ?

 日本の親米政策に対する皮肉として,「日本は米国の51番目の州」みたいなことは昔から国内でも言われていましたが,北朝鮮には言われたくなかったですね。でも,北朝鮮に言われたから言うわけではありませんが,日本が「米国の51番目の州」になるという案,選択肢としては面白いような気がします。今や「平成の大合併」時代で,市町村の合併はどんどん進んでいます。さらに道州制の導入による「都道府県の合併」の話も出てきています。さらに進めて「国家の合併」の話が出ても不思議じゃないでしょう。行政の効率化が進み,結果的に国民にとってメリットがあるなら,いい話なのかも。

 国内には「軍隊(自衛隊)を増強したい」「核を保有したい」という考えの政治家が多いし,そういう人の多くは親米派でしょう(そうで無い人もいますが)。だったらいっそのこと米国の一州になってしまえば,憲法9条の制約も無くなるし,基地問題が問題視されることも無くなるし,核保有も思いのまま。非核三原則なんて「クソ食らえ」ってなります。米国産牛肉輸入問題で政府が頭を痛める必要も無くなり,親米派の政治家にとってはサイコーでしょう。

 ただし,そうなるとテロの標的になるなど,今アメリカが抱えている問題はそのまま受け入れることになります。米国の一州になるなんて,もちろん僕はまっぴらゴメンですが,これを主張する政治家が一人ぐらいいてもおかしくないし,選択肢の一つとしてはあってもいいのかなと思います。

|

« 乗り物酔い | トップページ | いじめ自殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/12585777

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の一州:

« 乗り物酔い | トップページ | いじめ自殺 »