« 携帯電話契約停止 | トップページ | 市町村合併 »

2006年11月 1日 (水)

機内アナウンス

 昨日,出張で飛行機に乗ったんですが,手荷物の中にペットボトルがあると,ゲート通過時の手荷物検査で引っかかるんですね。いつから実施してるのか,知りませんでした。そのペットボトルは,開栓してある場合は検査機で中身を検査するんです。どういうしくみなのかはわかりませんが,もしガソリンやシンナーが入っていたら,たぶんチェックに引っかかるんでしょう。今度,ペットボトルの中に日本酒や焼酎を入れたらどうなるのか,試してみたいです。ヘンな物を持ち込むと,アメリカだったらその場で射殺されるかも知れないけど,国内だったらそんなことはないでしょう。

 ペットボトルの機内持ち込みで思い出したんですが,かなり昔,座席上にあった他の乗客の手荷物のペットボトルから液が漏れ,僕のカバンが濡れる被害に遭ったことがあります。機内は気圧の変化が激しいので,ペットボトルはしっかり栓をしておかないと液漏れするのは常識。だけど,機内アナウンスでは,漠然と「水漏れしやすいものは棚に置かないでください」と言うだけ。もう少し具体的に,開栓したペットボトルのことを注意すべきだと思います。

 この他にも,機内アナウンスで気に入らないのが色々あって,たとえば,ケータイの電源を切るようにやかましく言うけど,今のケータイは電源を切らなくても電波を出さない状態に切替えることが可能で,電波を出さない場合は機内でも電源を入れて問題無いとされています。もう少し正確にアナウンスして欲しい。ケータイの電源を切ってしまうと,時刻がわからなくて不便なんです。

 ついでにもう一つ。離陸した後,座席のリクライニングを倒していいタイミングがはっきりしない。昔は,離陸してすぐに「禁煙サイン」が消え,それがリクライニング使用可能の合図だったんですが,今は全便禁煙のため,このタイミングがはっきりしません。ベルト着用サイン消灯時がリクライニング使用可能と思えるアナウンスがされる場合がありますが,これは便によってマチマチではっきりしません。まあ,たいした話じゃないんですが,前々からちょっと気になってます。

|

« 携帯電話契約停止 | トップページ | 市町村合併 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/12509469

この記事へのトラックバック一覧です: 機内アナウンス:

« 携帯電話契約停止 | トップページ | 市町村合併 »