« 文字数ぴったり | トップページ | 海外出張 »

2006年11月24日 (金)

勤労感謝の日

 昨日は「勤労感謝の日」でしたが,僕の会社は出勤日で,休日ではなかったんです。僕の勤める会社は,従業員の勤労に対して感謝してないってことか。いや,そもそも「勤労感謝の日」っていったい何なんでしょう。働いている人が,働けることを感謝する日なのか,働いていない人が働いている人に感謝する日なのか・・・調べたところ,国民の祝日に関する法律(祝日法)で,「勤労を尊び,生産を祝い,国民互いに感謝しあうこと」を趣旨として設けられているらしい。要するに,働いている人も働いていない人も,働くことに敬意を表してお互い感謝しましょうということなんですね。まあ,結局よくわかりませんが。

 働いている自分の感覚としては,別に家族とかに感謝して欲しいとは思わないけど,自分自身が働けること(食べていけること)に対しては,ある意味「感謝」はしてますね。会社に感謝とかでなく,自分の境遇に感謝です。やっぱり「働ける場」があるというのはありがたい。この歳になると,もし転職しても,同一条件での雇用はまず不可能。この「不景気」の世の中,終身雇用に近い形態がまだ残っているのは助かります。

 一昨日だったか,景気回復が「いざなぎ景気」を越えたと政府が宣言しましたが,これ,まったく実感ないです。何を根拠の「いざなぎ越え」なのか,わかりません。どうも政府の発表って信用できない。僕の会社では相変わらずリストラまがいのことが続いているし,個人の所得も年々下がる一方。結局は勤労条件の引き下げやリストラによって,個人にしわ寄せが行き,法人だけが儲かっていることが「好景気」という発表につながっているのかと思います。僕個人の懐に関しては,バブル崩壊後の長期不景気がいまだに続いてます。ふ~~。

|

« 文字数ぴったり | トップページ | 海外出張 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/12800412

この記事へのトラックバック一覧です: 勤労感謝の日:

« 文字数ぴったり | トップページ | 海外出張 »