« 敬語の分類 | トップページ | 法令違反者への処分 »

2006年10月 7日 (土)

非核三原則

 今回の北朝鮮の核実験声明は,たぶん「言ってるだけ」なんでしょう。この北朝鮮声明に対して,多くの国が非難を表明していますが,現に核兵器を保有したり過去に核実験を強行したりしている国に,北朝鮮を非難する権利があるのかというのは,ちょっと疑問。核実験を実施した国が北朝鮮の核実験を非難しても,あんまり説得力が感じられません。

 じゃあ,日本は堂々と北朝鮮を非難できるのかというと,これまたちょっと疑問。日本が核兵器を持ってないという確証はないし,少なくとも米軍の核兵器が日本国内に持ち込まれている確率はかなり高いと思います。

 思い出すのは,1974年に米軍退役少将のラロック氏が「核装備した米艦船が日本に寄港する際,核兵器をその都度おろすようなことはしない」と証言した,いわゆる「ラロック証言」。たしかに日本に寄港するためにわざわざ核兵器をおろすというのは不自然だし,信憑性のある証言でしょう。この「ラロック証言」なんて今や死語になった感がありますが,これは僕が政治に興味を持ち始めた頃のニュースだったので,当時僕にとってはけっこう衝撃的でした。

 この証言によって,非核三原則(核兵器を持たず,作らず,持ち込ませず)が嘘っぱちだったことがバレて,この非核三原則によって佐藤栄佐久氏,じゃない,佐藤栄作氏が受賞したノーベル平和賞って,いったい何だったのかと思いますが,佐藤栄作氏はこのラロック証言の翌年の1975年に亡くなられています。ご本人はどんな思いでノーベル平和賞を受賞されたのか,今となってはわかりません。それにしても,この「非核三原則」ってのも死語になりつつあるように思えます。

 日本に寄港する米艦船がわざわざ核兵器をおろすというのが不自然なのと同じように,大量の核兵器を保有しているアメリカが,日本の基地にだけ核兵器を配備していないというのも極めて不自然でしょう。核兵器は既に日本に持ち込まれていると,僕は確信しています。北朝鮮の核兵器も心配ですが,それ以上に国内にある核兵器もちょっと気がかり。ヘーキな心境ではいられません。

|

« 敬語の分類 | トップページ | 法令違反者への処分 »

コメント

おはようございます。
横須賀付近で怪電波が発信されていて
車のキーレス操作が出来ない報告が上がっているらしですね。
米軍基地の影響が言われていますけど。

投稿: PHENIX | 2006年10月 7日 (土) 09時11分

 こんにちは。
 へー,そうなんですか。電波って目に見えないし,何がどうなってるのか不気味ですね。キーが勝手に誤動作したりしなけりゃいいけど。

投稿: かば | 2006年10月 7日 (土) 10時52分

沖縄に核兵器あるらしいですよ。
実は北朝鮮の核配備は(実際にあろうが無かろうが)米中露にとって好都合なんです。表向きは非難してますが。例えば米国的には、6カ国協議でホスト国の中国に、北朝鮮の核に対する制裁措置の決議をさせられれば、北の中国離れが進み、韓国に近づきだすので、中国を孤立させられるメリットもあります。

投稿: 庶民T | 2006年10月 8日 (日) 10時38分

 はじめまして。コメントありがとうございます。
 沖縄が日本に返還される時,基地にあった核兵器を米軍がわざわざ撤去したとは思えないので,たぶん核はあるんでしょう。当時は「核抜き本土並み返還」なんて言われましたが,これも今では死語ですね。

投稿: かば | 2006年10月 8日 (日) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/12179754

この記事へのトラックバック一覧です: 非核三原則:

» 政治的核反応の連鎖 [Wein, Weib und Gesang]
朝鮮民主主義人民共和国の核爆弾実験の威嚇行為は、核反応の連鎖のように次々に様々な影響を引き起こしているようである。特に日本の核軍備への思惑は、その中でも最も大きな反応である。実はこの思惑が、其々の立場でBLOGなどで真剣に検討されているのを知って正直驚いた。 ネットで見るFAZ読者の「日本の核装備」への支持は、僅か4パーセントに満たないが政治的軍事的選択肢として存在するのは当然のことであろう。東京政府は、核不拡散条約の遵守から、既に核軍備論議を否�... [続きを読む]

受信: 2006年10月18日 (水) 19時26分

« 敬語の分類 | トップページ | 法令違反者への処分 »