« ヘンな敬語 | トップページ | 偶然の一致? »

2006年10月22日 (日)

理解できない政治家

 自民党の片山参院幹事長は,郵政民営化法案に反対して離党した議員の復党について「ずっと自民党にいて,たった一つのことで出ていった人たちであり,党に戻る強い意欲があるならば,戻さない方がおかしい」と述べ,早期の復党を求める考えを表明。まあ自民党内の話なので一般人がとやかく言うことではありませんが,そういう思いがあるなら,小泉総裁の時に堂々と言ってほしかったですね。片山氏に限らず,こういう声は多いみたいで,これが自民党のホンネだったんでしょうか。最近の自民党のこの動き,ちょっと理解できないです。

 どうでもいいニュースなんですが,小沢代表と一緒にCM出演している犬が,衆院補選の民主党の応援に同行。これに対して自民党の武部前幹事長は「動物虐待じゃないか。選挙運動は人間でも20歳にならないと携われない。許せない」との発言。犬に頼らなきゃならない民主党も心配ですが,この程度のことで立腹する武部氏も,ちょっと大人げないような気がします。政治家にはもっと中身のある論戦をお願いしたいものです。

 自民党の中川政調会長は,党静岡県連の集会で,日本の核保有の是非を議論すべきだとの考えを重ねて表明。その際,「あの国の指導者はごちそうを食べ過ぎて糖尿病だから(攻撃を)考えるかもしれない」と意味不明の発言。病人は何をしでかすかわからないとでも言いたかったんでしょうか。だとしたら,病人に対する偏見とも解釈できますね。さらに集会後,記者団に「国民が貧困にあえいでいるのに,指導者が贅沢三昧をしているのはおかしいという趣旨だった」と釈明。この釈明と発言内容との関連は理解できません。ますます意味不明です。どうも政治家の言動って理解できません。

 真偽は全く不明ですが,共謀罪の法案に対する委員会強行採決のウワサがあるそうです。しかも衆院補選後まで待ってから強行するとか。単なるウワサであることを信じたいですが,もし本当なら理解しがたいし,許せない。強行採決を企んで裏で示し合わせるような行為こそ,「共謀罪」の対象にして欲しいものです。っていうか「凶暴罪」?

|

« ヘンな敬語 | トップページ | 偶然の一致? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/12370367

この記事へのトラックバック一覧です: 理解できない政治家:

» 民主党の自滅体質 [神のいどころ]
もはや自滅自爆地雷の代名詞と言えば民主党w [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 02時30分

« ヘンな敬語 | トップページ | 偶然の一致? »