« 信教の自由 | トップページ | 哀悼の意 »

2006年8月 7日 (月)

僅差の判定

 ボクシングWBAライトフライ級の「僅差」の判定結果に関して,いろんな批判や憶測が聞かれます。試合を中継したTBSには5万件もの抗議電話があったとか。試合を中継しただけのテレビ局にこれだけの抗議電話が入るってことは,「テレビ局の意向」が判定結果に影響を与えたと,多くの人は感じているということでしょうか。

 僕としては,ボクシングにはあんまり興味ないので,どーでもいいかなと思ってましたが,考えてみると,スポーツの勝敗を判定で決めるっていうのは,やっぱりどうもオカシイと思います。

 野球やサッカーやバレーなどの団体競技の場合,規定の時間・回数で勝敗がつかなかった場合,延長戦やPK戦などのように,客観的に判断できる何らかの形で勝敗を決するか,もしくは試合結果を「引き分け」としているでしょう。個人戦の格闘技でも,たとえば柔道のポイント制のように,多くの競技は極力客観性のある形で判定するように配慮しているようです。

 ところが,ボクシングの「判定」って極めて不明朗。そもそも何をもって「優勢」と判断するかの根拠がないみたいです。このため,「パンチの数」を重視する審判と「有効打」を重視する審判では正反対の結果になる。これって野球に例えると,同点で9回裏無死満塁のチャンスがあり,このチャンスを生かせずに無得点に終わり引き分けになったとして,もし仮に野球に「判定制」が導入されたと仮定すると,ある審判は「最後まで相手を苦しめた方のチームが優勢」と判定し,別の審判は「無死満塁に追い込まれながらも無得点に抑えたチームの方がエライ!」と判定する・・・ボクシングの判定って,これとおんなじぐらいヘンなことだと思います。ダウンしなかった場合にどっちが優勢だったか(どっちが より苦しんだか)なんて,選手本人でもわからない領域でしょう。

 審判がどうのこうの,テレビ局がどうのこうのと言う以前に,判定で勝敗を決めるというルールそのものにムリがあると思いますね。KO以外は「引き分け」にするとか,ダウンの回数でポイント制にするなどの改革が必要だと感じました。それにしても,亀田選手のキャラは面白いとは思うけど,僕はちょっと ついていけない。

|

« 信教の自由 | トップページ | 哀悼の意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/11310122

この記事へのトラックバック一覧です: 僅差の判定:

« 信教の自由 | トップページ | 哀悼の意 »