« 僅差の判定 | トップページ | 裏金問題 »

2006年8月 8日 (火)

哀悼の意

 政府は8日に予定されている故橋本龍太郎元総理大臣の内閣・自民党合同葬に合わせ,自治体などの公的機関にも弔旗掲揚と黙祷を要請することを決定。これに対して遺族の高知県知事 橋本大二郎氏は,「遺族の総意」として,「国民から強制と受け止められかねない」と,政府に要請の中止を求め,高知県としても応じない方針とのこと。

 たしかに,自分自身が遺族である知事としては,県の関係機関に「哀悼の意」を求めるなんて,できないですよね。強制でないといっても,「国からの要請」となれば,自治体としては「強制感」が付きまとうと思うので,橋本大二郎氏が要請の中止を求めたのは,遺族として自然な気持ちでしょう。それにしても,現職の総理大臣ならまだしも,総理経験者というだけでこういった前例があったことを初めて知りました。ま,自分は公的機関の職員じゃないので,どうでもいいって言えばいいことですけど。

 これに関して思い出すのは,僕の子供の頃ですが,故吉田茂元総理大臣の葬儀は「国葬」扱いになって,国民全員に黙祷が求められたという記憶が残っています。調べたところ,これ1967年で,戦後では唯一の「国葬」だそうです。これが前例となって「総理大臣経験者の葬儀はすべて国葬」なんてことにならなくて良かったと思いますが,吉田茂元総理だけは「特別扱い」だったんですね。このあたりの理由はよくわかりません。いずれにしても,僕は黙祷の時間には友達と「お好み焼きパーティー」をやっていて,黙祷なんてやらなかった記憶があります。う~~ん,やっぱり子供の頃から「ひねくれ者」だったのかも。

|

« 僅差の判定 | トップページ | 裏金問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/11330497

この記事へのトラックバック一覧です: 哀悼の意:

« 僅差の判定 | トップページ | 裏金問題 »